もえりん、半年間の活動休止は「顔も名前も知らん」父が理由だった

2020年2月24日、約半年活動休止状態だった「もえりん」(登録者数66万人)が「今まで話せなかった私の家族の事について」を公開しました。

もえりんは長期間投稿を休んでいたことを謝罪すると、休止の理由は「家族絡みです」と明かし、
これまで話したことがなかった家庭環境について話し始めました。

生まれてすぐ両親が離婚

もえりんは「両親がいないんですよ」「家族は兵庫県に住んどるおばあちゃんだけ」と話します。
もえりんの両親は、彼女が生まれてすぐ離婚したとのこと。
母親は、もえりんが小学校2年生のときに亡くなったそうです。

もえりんには父親の記憶は全くなく、

1回も会ったことないし、顔も名前も知らん

という関係だといいます。

事故にあった父親の世話をすることに

そんな父親が、事故に巻き込まれ、体の容態も悪いという連絡を受けたようです。
父親には親族も、頼れる人もいなかったらしく、白羽の矢が立ったのがもえりんだったとのこと。

もえりんは「うち関係ないやんか」と笑いますが、父親の世話をすることを決めたようです。
もえりんは父親の住む大阪と、東京を行き来して動画撮影を続けるつもりでしたが、実際はそんな余裕はまったくなかったそう。
そこで結局父の家に住み、父親がひとりで生活できるまでのサポートを続けたそうです。

はじめまして状態のお父さんとの生活やったり、環境の変化がすごくあったんで、うちも体調を崩してしまって、じゃあもうお父さんのサポートに徹して、自分も休もうみたいなて感じでこの5カ月過ごしていました。

自分の頭の中にかかってたモヤが晴れた

25年間離れて過ごし、父親に対して悪いイメージをもっていたというもえりんは、母親の記憶もなくなっており、顔しか覚えていないとのこと。

もえりんは父親と数カ月暮らし、多くの会話を交わしたことで「お父さんも人間なんやって思って」といい

知れたことによって自分の頭の中にかかってたモヤが晴れた

と話しました。

生まれて25年間会っていなかった父親の世話をするというのは、驚きのエピソードですが、もえりんは終始あっけらかんとした様子で、その表情からはスッキリとした印象も受けました。

コメント欄では、

血の繋がってる父親とはいえ、ほぼ赤の他人の面倒を見るのは凄いなと😅

25歳の成人女性がいきなり知らない中年男性の介護って…なんかすごい

そして、大切なお話をしてくれてありがとう。
これからも応援してます📣

と、告白の内容に驚きつつももえりんの復帰を祝福するムードとなっています。