男性向けASMR投稿していた女性YouTuberの収益化が停止させられる

男性向けのASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)動画を中心に投稿していた「ASAKI CHANNEL(福山あさき)」(登録者数16万人)が、収益化回復のためチャンネルの動画をすべて削除することを発表しました。

ASMR動画で注目浴びる

「ダミーヘッドマイク」と呼ばれる、人間の耳の配置を模した特殊なマイクを使って録音することで、実際に耳元で囁かれているかのような音声体験ができると話題のASMR動画。
「ゾクゾク」「ぞわぞわ」といった感覚を味わうことができると、一部の視聴者の間では熱狂的な人気を誇っています。

あさきのチャンネルでは女性の声が収録された男性向けASMR動画が中心となっていますが、男性の声で収録された女性向けの作品や、焚火の音といった自然の音など、YouTube上にはさまざまな音を取り扱った作品が投稿されています。

収益化が停止させられていた

ところがあさきは、2020年2月14日に投稿した動画で、1週間ほど前からチャンネルの収益化が停止させられていたことを明かしました。

年齢制限のかかっている動画を削除するなどの対応を行ったようですが、収益化のめどは立っておらず「最悪、動画を全部消さないといけないかも」と話していました。

3月15日に動画をすべて削除

そして2月24日、あさきは動画「大切なお知らせ」を投稿。
「3月15日をもって音声作品と静止画を削除する」と発表しました。

3月15日より収益化の再申請が可能となっているため、それに合わせての対応のようです。

収益化停止は静止画が原因?

突如チャンネルの収益化が停止させられたあさきでしたが、その詳しい理由については現段階でも分かっていないとのことです。

知り合いの人に原因を調べてもらったんですけど、残念ながら理由は分かりませんでした。

一番考えられるのが、静止画の動画が多いことかなと思っています。

あさきのチャンネルではこれまで360本以上の動画が投稿されていますが、ASMR動画をはじめ、最初から最後まで同じ画像が表示される動画が中心となっていました。

過去にも静止画や似た画面の続く動画の収益化停止が相次いでいおり、そのことが原因の可能性は十分にありそうです。
(関連記事「ゆっくり動画が相次いで収益化停止。クリエイターから悲鳴絶えず「泣き寝入り」」)

動画に手を加えて再投稿を予定

動画は3月15日をもってすべて削除されますが、作品に対して手を加え、再度投稿する予定とのことです。

音声作品は全てダウンロードして、再度動画をつけたり、動きをつけたりして工夫して、チャンネルにもう一度アップしていくので、待っててください。

これまで静止画ばかりだった動画に手を加えるだけでなく、作品によっては新規に音声を収録することも検討しているとのこと。
また、収益化に向けた試みの一環として、実際にあさきが出演する“実写作品”の投稿も予定していると話しています。

昔は顔出ししないって言ったんですけど、状況が変わってしまって…。

収益化の停止をきっかけに、新たな魅力を打ち出すことができるでしょうか。