レペゼン地球とアバンティーズ、初コラボで過去最低の絵面に!?

レペゼン地球」(登録者数211万人)と「アバンティーズ」(同163万人)、「わきを」(同4.5万人)が初のコラボを果たしました。

わきをが何故か地獄を見る結果に

2020年2月24日、レペゼン地球とアバンティーズのチャンネルで、3組のコラボ動画が公開されました。
レペゼン地球のチャンネルでは、「ついにアバンティーズとレペゼン地球が初対面!仲介のわきをが地獄を見る」が公開されています。

この動画では、レペゼン地球の「DJ社長」がドンキで買ってきたものを使って対決。

クラッカーを使った「ノーリアクション対決」では、ポーカーフェイスを貫く「まる」と対照的に、アバンティーズのツリメの異様なビビリ具合が目立ちます。
続く「ジェンガ対決」では、レペゼン地球組がまさかの不正を働き、そらちぃが罰ゲームを受けることに。
ところが、そらちぃが罰ゲームを受けたはずなのに、地獄を見たのはまさかのわきをで…?

コメント欄では「単純なゲームなはずなのに面白すぎる」とレペゼン地球の編集技術や企画力を称賛する声が相次ぎました。

過激さ増すアバンティーズの企画

アバンティーズのチャンネルでは、レペゼン地球と共に“最悪のゲーム”に挑戦しました。

アバンティーズが用意したのは、誰かが嘔吐するまで、ゲームに負けた人物がハンバーガーを食べ続けるというデスレース。
用意した30個のハンバーガーを食べきればゲームは終わりますが、そこは抜かりのないアバンティーズ、事前にピザを差し入れて参加者全員を満腹にしていました。

序盤は企画を用意したアバンティーズ有利で進むかとも思われましたが、中盤からはかなりの混戦具合に。
唯一ハンバーガーを食べていないそらちぃを負けさせるべく、チームを超えて4人の結束が生まれるシーンもありました。

最終的には、嘔吐するメンバーのせいで“過去一最低な動画”に迫る絵面の酷さを披露してしまっています。

ドームライブのチケット販売に向け猛突進

ここ最近はさまざまなYouTuberとコラボし、その動画を連日投稿しているレペゼン地球。

2月18日の「スカイピース」(登録者数284万人)とのコラボをスタートに、「タケヤキ翔」(同144万人)、「宮迫博之」(同60万人)、「カジサック」(同173万人)、「霜降り明星」(同57万人)らとのコラボ動画を次々に公開しました。

また2月17日にはマホトの復活やUUUMから届いたメールを扱った動画を投稿しており、注目を集めていました。
(関連記事「レペゼン地球がUUUMから届いた“ヤバいメール”を公開」)

それも全てはアリーナツアーと、そのチケット販売に向けた宣伝のため。
チケットの発売日である3月8日まで2週間を切っており、力の入った動画の投稿が続いています。
(参考:レペゼン地球公式サイト

豪華なコラボ動画の連続に、動画コメント欄でも

「最近コラボする人凄すぎて毎回驚いてる」
「このコラボめっちゃ嬉しい笑」

といった声が上がっています。