130万登録の実況者「アブ」、突然の広告全削除で引退を宣言

全広告が消えたアブ

2018年10月2日に「アブ」が「この動画を最後に投稿をやめます。」という動画を投稿。
YouTube活動を辞めることを宣言しました。
 

 
動画によると、
これまでアップした1427本の動画がすべて広告がつかなくなったとのことで、
事前に告知もなく、YouTubeのコミュニティガイドライン違反の通知もなかったとのことです。

アップされている画像によると、
すべての動画に「ほとんどの広告主に適していない 手動審査により承認済み」との文字が表示されています。
 

ショックが大きすぎ、引退

「アブ」は再審査を申請したものの、「秒で突き返された」そうで、
「シモネタも一切ない健全なチャンネルで有名なのに、どうしてこんな仕打ちを受けなければならないのか。」と理由が分からず困惑している様子。

サブチャンネルは制限を受けていないものの、
「ショックが大きすぎて立ち直れそうにないので、この動画で最後という形にさせていただきたい。」ということで、YouTube活動の辞めることを宣言しています。

万が一広告が戻れば、活動再開するともコメントしていましたが、
広告が戻る可能性は「限りなくゼロ」としています。

「アブ」は2014年2月にチャンネルを開設。
登録者数は130万人で、再生回数は9億5000万回となっています。

ゲーム実況チャンネルでは、当サイトのランキングでは11位となっています。
100万人以上のチャンネルで引退宣言は初めてではないでしょうか。
 

7月にはレペゼン地球がBAN。背景にはYouTubeのポリシー厳格化?

2018年7月には「レペゼン地球」が登録者100万人突破直後にチャンネルをBANされています。
「レペゼン地球」の場合は、本人たちも自覚があったようで、
その後サブチャンネルを「僕達は更生しました」に変更し、復帰を遂げています。

他のチャンネルでもここ数ヶ月、警告やBANが頻発しており、
YouTubeの厳格な対応に戦々恐々とするYouTuberも多いようです。

 
2018年10月4日追記

引退宣言から2日後の10月4日、「アブ」は「ご報告」という動画をアップ。
広告が復活したことを報告しました。

仕事とYouTube活動の二足のわらじだった「アブ」は、
仕事を終電で帰宅し、そのまま実況動画をつくって寝ずに始発で出社ということもあったそう。

広告復活を受けて活動は再開するようですが、
二足のわらじ生活に疲弊していたことを語り、
今回の事件で緊張が切れたため、しばらく活動はお休みするそうです。