【ひろゆきx高橋将一対談】#1 炎上から一転!宮迫YouTubeは成功するか

このたびユーチュラでは、株式会社ギルドの協力により、YouTube界で活躍するゲストをお招きして、対談記事を連載することになりました!

対談するのは、YouTuberなどのクリエイターをサポートする株式会社ギルドで「ギルドマスター」を務める高橋将一氏と、2ちゃんねるの創業者「ひろゆき」こと西村博之氏。
西村氏は、ギルド社では「ほぼ黒幕」として高橋氏を支える関係。

この2人がYouTubeにまつわるざっくばらんなトークを繰り広げます。

雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTube進出は成功するか

第1回のテーマは、「雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTube進出は成功するか」。

昨年闇営業問題で世間を賑わせた宮迫氏は、今年1月末にYouTuberデビュー。(宮迫ですッ!【宮迫博之】
そのチャンネル管理人を高橋氏が務めています。

初投稿動画は、現在489万回再生と大きな注目を集めましたが、19万もの低評価が寄せられており、メディアからは厳しい意見が寄せられています。

 

僕の場合はチャンネルの管理人やってるので、あんま良いこと言っても嘘っぽくなってしまいますが…
想像以上にヒカルさんのインタビューで鎮火してる印象です。

メディアも数字が取れるから取り上げているだけで、ネット上に厳しいこと書いてる人はどっちでも良いと思ってるh人が多そうな印象でした。

ヒカルさんって炎上した人を助けるのが得意で、視聴者が聞きたいことを代弁して聞いてくれるインタビュアーなので、あの動画で視聴者も「なるほどー!」って納得した人が多かったんだと思います!
動画を見てる人も、「何となくムカつく!」ぐらいな感じで、恨んでる人とかは少ないとは思うので、ヒカルさんが炎上したときの方がえぐかった印象でした💦

宮迫さんの直営業は、騒動のせいで番組とかCMが飛んで各所が迷惑をこうむったけど、それって間接的な被害者で。
宮迫さんが誰かからお金をとったとか、直接の被害者はいないからねぇ・・・ヒカルさんの場合は、情報商材とかやってた過去もあるし、VALUで炎上したときも「故意に、ユーザーはめたでしょ」ってのが否定しきれなかったのが大きいと思う。
しかも、お金払ったのかヒカルさんのファンだったしね。
実際に被害に遭った人が文句言ってるのか、言ってないのか?の差は大きい気がしました。

高評価数はトップクラス

宮迫さんの初回謝罪動画と比べると、最近のは高評価の方が高いし再生数も伸びてるよね。
やらかした人とは思えない伸び方だけど、YouTubeって、そんなもんなん?

―動画の低評価率を見ると、初回は60%ですが、2本目で30%になって、最近では10%切ってますね。
むしろ高評価の多さでトップクラスの動画も多いです。

高評価数だけで言ったら、日本2位(※対談時点)になってますもんね・・・。
低評価も日本一ですけど。
言っちゃなんですけど、宮迫さんが高評価2位って、おかしいと思うんですよ。

―ちなみに、高評価数1位は江頭2:50です。

エガちゃんの強みとは

エガちゃん、「テレビで出来ないことをする!」って過激路線の切り口は長続きしない気がしてるんだよね。
チャンネルが削除されて、また伝説的な感じになりそう!
ちょっと前のレペゼン(地球)みたいな!
あまり過激なことをすると広告が付きにくそう。
江頭さんはプロデューサーさんが江頭さんの見せ方が上手いので、今後どんな形で着地するのか?は個人的に気になってます。

最初からギリギリを攻めているから、さらに過激にしにくいと思うんでマネタイズポイントをグッズとかに変えるのか?広告が付くけど面白い企画になるのか?は個人的に興味があったりはします。

レペゼン地球みたいに別でマネタイズポイント作って、広告気にしない⽅が伝説になりそうではありそうだけど、どうなんですかね?
(※レペゼン地球は、YouTubeには広告をつけずにライブなどでマネタイズしている)

レペゼンさんはかなり特殊ですよね。
再生数も再生時間も高いけど、YouTubeでの収益をあえて狙わないけど、YouTubeをマネタイズに上手く繋げてる。

結局芸人だけが成功できる世界?

本来は、動画本数がないと広告回りにくいから、

トップユーチューバーの人とかだと、新規獲得用のファンじゃなくても見てくれる動画と、既存のファンが見てくれる用の動画で分けて毎日投稿とかしてるので、

多分、⻑くやってる⼈は過去動画のトータルの再⽣数の⽅が、その⽉出した動画より収益に繋がったりするんで、本数が少ないと長い目で見たときに儲かりにくいってのが一般的な考え方だったりとかもしますよね。

ただ、⼥優さんとかモデルさんは本職があるから、レペゼン地球のアーティストと⼀緒で、別で稼げばシナジーあって良い的な感じな人が多そう。

芸能⼈の場合、なんとなくやってるパターンと、本業のプラスになるためにブランディングとしてやってるパターンと、YouTubeで稼ごうとするパターンで攻め⽅が変わりますよね!

川口春奈さんとか本田翼さんとか、本数少ないけど、好評価系の芸能人YouTuberって、本数出すとレア感が、どんどん減ってくので、今後難しい気がするんですよね。

YouTuberとしてやってくのであれば、本数出して総再生数と再生時間を伸ばさないと収益に結びつかないので、エガちゃんと宮迫さんはYouTubeのやり方わかってる感ありますよね。

本業が別のパターンが普通だったんだけど、カジサックさんや、中田さんが出てきて、YouTubeで収益を上げる芸人さんが現れて、第2弾が宮迫さんとエガちゃんかな、、と。

んで、収益いきそうなのか、全員芸人なんですよね。
芸能人がYouTubeに進出って書かれ方が多いけど、結局、芸人だけが進出出来てるのかな、、と。

女性芸人さんが最近強いですよね!
フワちゃんとか、エミリンチャンネルとか!
何にしても、うまくいってる人はちゃんとやってる人が多いですよね❗️
芸人以外はダメなんかね?
コンセプト次第な気はします!普通に可愛い女優さんがゆきりぬさんと同じようなコンセプトでやったら、大成功しそうな気がします。

メイク系は案件多いんで、時間かけずに安定収益を築けそうなチャンネルに見えます!
あと、コンテンツ絞ってるから収益も悪くなさそう!

確かに、メイク系とかジャンル絞って、案件で稼げば収益いきそうですよね。
YouTuberとして、面白い動画で戦うってのは芸人以外狙わない方がいいんすかね。

宮迫YouTubeは新ジャンル!?

宮迫さんはどこらへんが面白い?
基本、トークは面白くてヘソプリンみたいに体を張る系も面白いんですが、好みが出そうな感じではあります。
本当はユーチューブで笑いに振る人って今までにはないのですが、本人の得意な「⾯⽩さ」に振るべきなのか?

YouTubeの中で向いてる、ラジオ感覚で聴けるコンテンツに振るべきなのか、少し迷いはありますね!

ただ、宮迫さんもプロの芸⼈さんなので、⾯⽩い事をやっていきたい!って思ってる⼈なので今は色んな企画を勉強も兼ねてやってますが、

コントは毎日更新は出来ないし、一人喋りもいつか尽きるので、

ヒカルさんみたいな『ツッコミ』を引き出せるトークパートナーか、MC力を活かしてゲストに来てもらうとかは理想ではあるんですが、今いまだと芸人さんとコラボも難しいのでちょっと迷ってるところではあります。

もう少し宮迫さんを活かせる環境を作らないとなぁ~!と。

んでも、共感とか親近感で行ったほうが、YouTubeでは成功しやすいわけだし、面白さは追求しなくてもいいんじゃないの?
そもそも、YouTubeって親近感を持ちやすいツールなので、「面白さで戦ってるのがあってるのか?」ってのは、宮迫チャンネルやってる僕でもわかってないっす!笑
割と新ジャンルな気はします!

今のトップYouTuberは面白いってよりは、距離感が近いって人が多いと思うので。
グループ系は、わちゃわちゃ楽しんでる!みたいな!

確かに、面白いのだったら、テレビや映画のが面白いからね。
面白いに寄せてる人って、エガちゃんと、宮迫さんぐらいなイメージ。
(同じく芸人の)カジサックさんも家族や対談(トーク)がメインで、お喋りが面白いけど、面白いことを狙ってはないと思うので!

中田(敦彦)さんは教育なので、面白さを売りにするのは新ジャンル!

ほんまや。
僕が言うのもアレですが、宮迫チャンネルの笑いで戦うって、わりとテレビのコンテンツとも戦うことになると思うので、エガちゃんも含めて、新しいんですよね!
なので、テレビにはないYouTubeならではの面白さ、更に、親近感も持てる距離感ってのは、これから正解を見つけないといけない気がします!
一人しゃべりとコント以外でどう面白いを見つけられるかだよね。
実際まだ、対談と自宅で出来る事ぐらいしかしてないので、色々探っていかないとですね!

 

関連リンク

株式会社Guild
ギルドの高橋さん(Twitter)
ギルドの高橋さん(ユーチュラ)
ギルドの高橋さん(YouTube)
ひろゆき(ユーチュラ)
ひろゆき(YouTube)