台風中継に映り込む謎の女性がYouTuberデビュー、低評価率97%と炎上中

今年は何度も日本に上陸し、大きな被害をもたらしている台風ですが、
台風中継に映り込む女性が一部で話題になっています。

台風中継で

レポーターの女性が話しはじめると、カメラがあちこちに向きを変え始める。混雑する駅構内を映すカットをよく見てみると、ピンクの帽子にピンクのシャツを着て、メガネをかけた女性がじっとカメラを見つめて立っていた。

テレビカメラは、映り込もうとする女性を避けるために目まぐるしく向きを変えるも、女性はカメラの向きを気にしながら、はしゃぐ様子もなく無表情な様子で執拗に映り込んでいた。(@niftyニュース「台風中継にピンク帽の人が乱入 『報道ステーション』映り『月曜から夜ふかし』出演も」)

 

「映り込み系YouTuber」として鮮烈デビュー!?

この謎のピンクの女性がYouTuberデビューしていました。

チャンネル名は「【映り込み系YouTuber】ゆうかんちゃんねる」(登録者数2500人)。

「映り込み系YouTuber」??
というパワーワードが刺さります。

公開されている動画は10月3日現在で2本。
 

 

低評価率97%と炎上

1本目は自己紹介と今後のYouTube活動について語っています。

「映り込みYouTuberとして、最近の私の映り込み報告」などや、
好きだという「アクセサリーや宝石、キラキラしたピアス」を紹介していくと語りました。

この再生回数は55,671回で、低評価率96%。

低評価が96%という極めて高い数値です。

コメント欄でも
「映り込みを迷惑だとは思ってない??
世間から見たら頭おかしいヤツだよあなた。」

「映り込む前に、常識を学べよ。
まじで気持ち悪い」
と批判が殺到しています。

9月29日に公開した2本目の動画では、
報道ステーションの映り込み裏話を紹介。
 

 
動画では「私は映り込み系のYouTuberで活躍したりだとか、人気者になりたいっていう思いがとっても本当に強くて映り込んじゃいました」と語り、

テレビのスタッフからは「ちょっと映り込み過ぎじゃないの」と、
迷惑がられていたことを告白。

反省の弁を口にしながらも
今後は「自然な形で映り込む系のYouTuberであり続けたいと思う」
と悪びれる様子はまったくありません。

2回目の動画の再生回数は38,390回で、低評価率は1回目を上回る97%。

 

やけに凝った編集

ところで、動画で気になったのが、
やけに凝った編集。

駆け出しのYouTuberにしてはテロップや効果音などが工夫されています。

動画の概要欄を見ると、
バスラス」(登録者2100人)というチャンネルが「動画編集サポート」として掲載されています。

「バズラス」のチャンネルでは、
「ゆうかん」のインタビュー動画がアップされていて、
編集の雰囲気も「ゆうかんチャンネル」とよく似ています。
 

 
「バズラス」の他の動画の再生回数が数十回~数百回程度なのに対して、
この動画は23万回再生。

強力なコンテンツ力がサポートにつながったのかもしれません。