レペゼン地球のアリーナツアーは「強制的な中止命令がない限り開催」

2020年2月28日、「レペゼン地球」(登録者数212万人)がツイッターを更新。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府の要請により大規模なイベントの開催中止が相次いでいますが、レペゼン地球は現時点では、予定しているアリーナツアーを中止しない意向だと発表しました。
(関連記事「「中止になったら僕は泣きます」ーまふまふ、東京ドームライブの開催について言及」)

レペゼン地球は4~6月にかけ、全国4カ所を巡る総動員10万人のアリーナツアーを開催する予定。
(関連記事「レペゼン地球、10万人動員のアリーナツアー開催と活動再開を発表」)

国から強制的な中止命令等が来ない限り開催

ツイッターは「レペゼン地球代表 DJ社長 木元駿之介」名で投稿されており、
イベントの開催は、「状況を見ながらの判断にはなりますが」とはしつつも、

レペゼン地球の基本的なスタンスとして
国から強制的な中止命令等が来ない限り
開催します

と宣言しています。

会場では「最善のコロナウイルス対策」を行うとのことで、「元気がない人は即帰ってもらいます」とも記されています。

ファンは「さすがレペゼン」

型破りなレペゼン地球らしい発表ですが、ファンからは

やっぱ レペゼン

レペメンはもちろんレペ狂もコロナなんかに負けません!!

さすがレペゼン…大好きです!

と絶賛の声が寄せられています。

なお、レペゼン地球は2月26日にYouTubeから違反警告を受け、1週間の投稿禁止処分が下されています。
(関連記事「レペゼン地球が1年前の動画に警告受け、1週間の活動停止処分に」)