wakatte.TVの高田ふーみんが東大受験の合否を発表。
リーク女性には批判の声も

学歴YouTuber「wakatte.TV」(登録者数10万人)の「高田ふーみん」が、難関大学で知られる東京大学を受験。
その合格発表が、2020年3月10日に行われました。

塾講師YouTuberが受験に挑む

wakatte.TVとは、個別学習塾・予備校「武田塾」の講師「ふーみん」と「びーやま」が運営するチャンネル。
塾講師として「武田塾チャンネル|参考書のやり方・大学受験情報」(登録者数6.7万人)では大学受験に関する情報を発信する一方で、wakatte!TVでは“教育痛快バラエティ番組”を謳い、京都大学所属という学歴を活かした“学歴マウント”動画を投稿していました。
(関連記事「塾講師YouTuberが法政大学の新入生に学歴マウント。動画が炎上」)

そんなふーみんが2019年8月、東京大学を受験することを発表。
学歴で他人を煽るふーみんの実力はいかに?視聴者の注目が集まっていました。

背水の陣で挑んだ大学受験

大学受験本番に先んじて、2019年の冬、ふーみんは所属していた京都大学を退学していました。
(関連記事「学歴YouTuber「wakatte.TV」が東大受験のため、京都大学を退学」)

必死の受験勉強の末に合格、wakatte.TVでも京都大学所属をアイデンティティーとして他大学の学生を煽っていたふーみんにとって、この決断の大きさは計り知れません。
東京大学合格にかける彼の思いを印象づける一幕でした。

迎えた東京大学受験

そして迎えた2020年、ふーみんの受験の年が訪れました。

1月のセンター試験の自己採点は、900点満点中825点だったことを明かしたふーみん。
東京大学受験のボーダーラインを文句なしに上回るハイスコアに、視聴者からも驚きと称賛の声が上がっていました。

2月25日・26日に行われた東京大学2次試験の合格発表は、3月10日のお昼12時。
新型コロナウイルス対策から合格発表は大学ホームページ上のみでの公表となっていましたが、ふーみんは東京大学の赤門の前で合否確認を行ったようです。
同日23時に公開された動画で、ふーみんが合格発表を見る様子が公開されました。

手応えはあったが…

合格発表を前に、ふーみんは「手応えはあった」と合格への自信を見せ、東京大学での生活に思いを馳せました。

なんでもいいから東大行きたい。まじで俺の人生変わる。wakatte!TVの未来も変わる。

迎えた12時、合格者の受験番号の一覧を確認するふーみん。
ところがそこには、ふーみんの番号「A30690」はなく、自分の受験票を相方のびーやまに渡すと、ひざから崩れ落ちます。

無かった…。あぁ、くそぉ…。
悔しいな。

俺はほんまに、勝ちたかった。

撮影終了後、ひと目をはばからずに大泣きするふーみん。
ふーみんと共に受験に臨んだ2人の受験生も合格とはならず、東京大学の難しさを改めて知らしめました。

ふーみんの姿に感動する視聴者

残念ながら東京大学合格とはなりませんでしたが、ふーみんの姿は多くの視聴者の心を動かしたようです。

23時という遅い時間からのプレミア公開にもかかわらず、およそ3万人が同時視聴に訪れました。
動画は3月11日14時までに31万回再生されていますが、高評価率97.0%(高評価1.7万、低評価520)と高い評価となっているほか、視聴者からはこんなコメントが寄せられています。

「感動した。」
「「受かりたかったっす」これ聞き取った時めっちゃ泣いた」
「落ちて泣けるのがすごい。俺なんて落ちても涙すら出なかった。その理由は一番俺が分かってる、自分がここまで精一杯努力してこなかったということ。涙の数だけ努力があると思います。お疲れ様でした。」

合否情報、リークされていた

3月10日の12時に公表された東京大学の合格発表。
ふーみんは受験の最後を視聴者と分かち合うべく、その日の夜に動画をプレミア公開する形で合否を公表しました。

ところが、この合格発表に水を指すような出来事が。

知り合いの東大生から情報を得たとする女性が、ふーみんの発表前に「高田ふーみん落ちたんだね」とツイートしていました。
女性はその後も「もはやただの高卒」「無残。哀れ。不愍。」などと発言しており、ファンの中からは反発の声も上がっています。

「ツイート消してください」
「故意に番号を覚える知り合いも それを勝手に公開するあなたも人として 最低だと思います。」
「《@内科医の妻》\_(・ω・`)イタスギワロス」