中田敦彦がチャンネル登録者数を再公開。
既にカジサック抜いていた

昨年10月に登録者数を非公開にしていた「中田敦彦」(登録者数198万人)が2020年3月14日、登録者数を再度公開しました。

昨年10月に非公開に「1個の実験」

2019年10月に、当時130万人いた登録者数の情報を非公開にした中田。
SNS上では、当時登録者数が僅差に迫っていた「カジサック」(登録者数182万人、昨年10月時点では139万人)への配慮か?などといった推測が広まっていました。
(関連記事「中田敦彦がチャンネル登録者数を非公開に。ツイッターも全消し」)

その翌月にあるラジオ番組にゲスト出演した際、中田はカジサックへの配慮を否定。
登録者数が伸び、チャンネルのコンテンツよりも収益に周囲の興味が移り始める中での「1個の実験」として登録者数を非公開にした、との理由を明かしています。
(関連記事「中田敦彦、チャンネル登録者数を非公開にした理由を明かす」)

登録者数を再度公開、芸人の中ではトップに

そこから一転して2020年3月14日、中田はチャンネルの登録者数を再度公開しました。
現在の登録者数は198万人で、非公開にした10月中旬から約5カ月の間でおよそ70万人ほど増加していることになります。
また、芸人としてはカジサックも抜いて1位、芸能人としては「」(登録者数255万人)に次ぐ2位の登録者数となっています。

中田が登録者数を非公開にした際に、カジサックはチャンネル登録者数を抜かれることは「全然いい」と話していましたが、同時に「抜いた時は教えてな」とも釘を刺していました。
中田からカジサックへの連絡はあったのでしょうか?

YouTubeデビューから2020年3月16日までに769日が経過していますが、このままの勢いでいけば登録者数200万人突破日数ランキングでも6位の「スカイピース」(登録者数288万人)を上回る可能性があります。
(関連記事「嵐が記録更新ーYouTube登録者数200万人突破日数ランキング【2019年版】」)

中田の重視する「YouTubeのカルチャー」とは

登録者数を再度公開した理由については、サブチャンネル(登録者数20万人)で投稿した動画の中で言及しています。

この動画を投稿する少し前から、自身の動画に寄せられるコメントをすべてチェックするようになったと話す中田。

原点に立ち返ってコメントを見るとやっぱりこう、何が良くて何が良くないのかは分かってくるので。
本当に真摯に、もう一回向き合ってみようかなと思いましたね。

動画を作り、その動画に寄せられたさまざまな意見をもとに、また新たな動画を作る…そういった切磋琢磨を「YouTubeのカルチャー」として重視する様子を見せました。

結構…YouTubeのカルチャーっていうものなんですよね、それが。

相次ぐ芸能人の参入、その失敗に学ぶ

芸能人の中でも比較的早期にYouTubeに参入し、大きな成功を収めた中田。
そんな中田が視聴者からの反応を重視するようになった背景には、後発の芸能人のYouTubeデビューもありそうです。

いろんなタレントさんが(YouTubeに)入ってきて、上手くいってる人もいればそうじゃない人もいる。
それでいろんな人が、上手くいってる理由とかそうじゃない理由をいっぱい言ってるじゃないですか。
それがなんか可視化されていることが面白い。

YouTuberデビューに成功する芸能人もいる一方で、登録者数が伸びず悩む芸能人の姿も…両者の違いは、視聴者の反応をどう捉えるかにもあると中田は判断したようです。

この人あんまり上手くいってないのにスタイル変えてないなとか、これコメント欄ちょっと無視してるなとか。
この人ちゃんとコメント欄を受けて反映して向き合ってるなとかは、結構大きいなと思いました。

自分の活動スタイルを頑なに維持する人を「変化しないし、それって成長のなさでもある」とバッサリ切り捨てた中田。
そういった失敗を反面教師に、自身のチャンネルには絶えず新陳代謝を起こしたいという考えがありそうです。

1個の実験として、登録者数隠すはやったから。
隠してからしばらくして出す、これはやってないからやってみようという。

裏には成長への貪欲さも

また、チャンネル登録者数を再度公開したその裏には、成長への貪欲さも見てとれます。

登録者数200万人も目前に迫る中、中田は2020年内に登録者数300万人を目指すと発表しました。

あらゆるコメントを読む「コメント読み魔」になろうと思っております。
その上で、登録者数をすべて公開するという全晒し体制をとりたいと思います。
なぜならもう一度、本気で、登録者数300万人。
2020年度中に300万人を目指したいと思っております。

登録者数300万人は、日本人YouTubeチャンネルの中でも数えるほどしか到達していません。
困難な目標に、視聴者と一丸となって励みたい考えを示しました。

コメント欄では

「凄いと思います。覚悟決めたメッセージ。みんなの期待と自分の理想を形にすることに全力を傾けているのが伝わります。」
「登録者数凄いね!この世の中いろいろな事言う人いるけどあんまり気にしないでね。我が道を行ってほしい。」
「常にチェンジアップしながら、成功に辿り着いて来た実績があるので、登録者数が何人でも応援する気持ちには変わりないです。
頑張れ、あっちゃん!!」

という激励のコメントが寄せられていますが、これらもきっと中田の目に届いていることでしょう。