きまぐれクック、遊戯王カードの詐欺に注意喚起「これは悪質」

きまぐれクック」(登録者数315万人)が、また遊☆戯☆王カードの詐欺について注意喚起しています。

きまぐれクックのかねこは料理系YouTuberとして人気ですが、遊戯王カードのコレクターとしても知られています。

以前にもヤフオクで詐欺に

2019年4月11日、かねこは「ヤフオクで詐欺にあいました。15万円失いました。【遊戯王】」動画を投稿。

かねこがヤフオクで購入したのは、1999年発売の「遊☆戯☆王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」というゲームボーイカラー用のソフト。
かねこのお目当ては、ソフトではなく、同梱されている3枚の遊戯王カード。
カードは、銀パックに封入されているため、どのカードが入っているのかはわからないものの、取引価格が20万円を超えるカードが含まれる可能性があるとのこと。

未開封のままコレクションしていたかねこですが、視聴者から「銀パックの端がギザギザではないので偽物ではないか」という指摘があり、YouTuber魂で開封を決意。
しかし、出てきたカードは本来この銀パックに入っていないはずのものであり、銀パックごと偽物とすり替えられていたことが発覚しました。

(参考記事「きまぐれクック、ヤフオク詐欺で15万円騙し取られる」)

視聴者から依頼「これは悪質」

2020年3月24日、サブチャンネルで、「【遊戯王】また詐欺かよ。大損害だ。」という動画を公開。

「これは悪質なので、ぜひかねこさん紹介してください」という、視聴者の依頼で、再び「遊☆戯☆王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」が、かねこの元に。

今回の銀パックは、端が本物と同様にキザキザで、一見本物と見分けがつきません。

しかし、実はこの銀パック、光を下から当て中身を透かす“サーチ”と呼ばれる手法が存在するとのこと。
視聴者は“サーチ”をして、偽物だと知り、かねこに開封動画の撮影を依頼したようです。

かねこが開封してみると、PSP用ゲーム「遊戯王デュエルモンスターズGX タッグフォース2」に同梱してある銀パックだった模様。

YouTube

画像左が本物で、右が偽物ですが、瓜二つで全く違いが分かりません。
しかし、裏側には決定的な違いがあり、見分けることができることを発見。
視聴者に、判別する方法を公開しました。

かねこは、

オークションとかで売ってるこういう類の付録カードってのは、ほぼ100%サーチされたものって考えて買ったほうがいいかもしれないです。
なので、皆さんも正規店以外でカードを買う際は、気をつけてください。

と、視聴者に注意を呼びかけました。

「流石に…悪質すぎる」

コメント欄では、

流石に…悪質すぎる

総額40万円以上かかってる詐欺に遭わないための貴重な対策方法はもっと今後も評価してくべき

と、出品者を批判する声や、身をもって開封したかねこを賞賛する声が集まっていました。