ヒカキン、志村けんの訃報に涙「夢なんじゃないか」

2020年3月30日、芸人の志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったことが報じられました。
突然の訃報に、YouTuberからも悲しみの声があがっています。

ヒカキン「夢なんじゃないかと」

幼少期から志村けんさんに「影響を受けてきた」という「ヒカキン」(登録者者数814万人)。
3月4日の生配信でも、「一番会って嬉しかった人」として志村けんさんの名前を上げていました。

志村さんが新型コロナウイルスに感染したことが報じられると、その数日後には「若いみんなへ、ヒカキンより。」を投稿し、新型コロナウイルスの脅威の周知をはかると共に、若者に家で過ごすよう呼びかけました。

僕が小さい頃から大好きな志村けんさんが感染されたと聞いた…(中略)本当に他人事ではなくて、今時分のすぐ前にそのウイルスの今日行っていうのが迫ってるんだなと思います。

とにかく若い皆さん、危機感を持ちましょう。

30日に訃報が報じられると、感謝と追悼の意を示すツイートを投稿していました。

また、同日の夜に放送されたNHKのニュース番組『ニュースウォッチ9』では、涙ながらにこうコメントしていました。

今日やることも本当はあったんですけど、正直そのニュースで…
あまりに小さい頃からのあこがれで、夢なんじゃないかなってくらい実感がない。

志村さんの死で、助かる人がたくさん出てくるだろうと僕は思ってます。

実際、志村さんの死をきっかけに新型コロナウイルスの脅威を再度認識した人も少なからずいるでしょう。
ヒカキンが「一日一日、危機感をもって生きてほしい」と話したように、今後は個々人の危機意識が大事となりそうです。