2020年3月公開動画のYouTubeランキング
新型コロナの影響は

2020年3月に公開された動画を対象にしたYouTubeチャンネルのランキングを発表します。

ユーチュラのランキングページに掲載されている「累計」や「月間」の再生回数ランキングはYouTubeチャンネルがこれまでに公開したすべての動画を対象にしていますが、これは2020年3月の1カ月間に公開された動画のみを対象にしたランキングです。

「累計再生回数だけだと今勢いのあるYouTuberがわからない」という視聴者さんからのご要望を受け、集計しているランキングです。

※登録者数50万人以上のチャンネルを対象に調査しています。
※YouTubeの仕様上、データに誤差が含まれる可能性があるため、数値は概数で表示しています。

総再生回数ランキング

2020年3月1日~3月31日に公開された動画の総再生回数ランキングです。(カッコ内は前月順位)

※スワイプで表を左右に動かせます

# チャンネル 登録者数
(万)
動画
本数
再生回数
(万)
高評価
(万)
低評価
(万)
高評価率
(%)
1 東海オンエア(→1) 514 35 5,968 128.6 2.8 97.9
2 HikakinTV(↑20) 815 13 4,035 130.2 4.2 96.8
3 ヒカル(Hikaru)(↓3) 380 28 3,721 65.4 3.6 94.8
4 はじめしゃちょー(hajime)(↑22) 846 24 3,627 88.3 2.6 97.1
5 Fischer’s-フィッシャーズ-(↓3) 612 22 3,522 69.1 3.4 95.3
6 カジサック KAJISAC(↑19) 188 28 2,886 75.2 1.9 97.5
7 ボンボンTV(↑15) 204 103 2,795 29.4 1.5 95.1
8 KUN(→8) 102 122 2,757 38.9 1.3 96.8
9 ヒューマンバグ大学_闇の漫画(↓7) 73 30 2,728 23.2 0.8 96.6
10 水溜りボンド(↓5) 426 32 2,698 78.8 1.9 97.7
11 プリッとChannel(↑21) 108 59 2,582 47.5 2.2 95.5
12 きまぐれクックKimagure Cook(↑29) 319 14 2,511 35.6 1.4 96.3
13 スカイピース(↓11) 291 40 2,404 70.5 1.1 98.4
14 エミリンチャンネル(↓9) 113 29 2,343 77.1 1.7 97.8
15 兄者弟者(↓14) 274 88 2,226 26.2 0.7 97.5
16 てんちむCH/ tenchim(↓13) 125 40 2,158 38.1 2.2 94.6
17 はじめしゃちょーの畑(↓12) 197 26 2,122 41.4 0.8 98.0
18 キリン【考察系youtuber】(↑25) 128 31 1,995 33.2 1.4 95.9
19 HikakinGames(↓17) 457 9 1,991 20.7 1.4 93.7
20 すとぷりちゃんねる(↑67) 78 26 1,930 129.8 0.9 99.3
21 鈴木ゆゆうた(↓10) 115 29 1,910 66.4 1.1 98.4
22 ジェルOfficial(↓18) 107 32 1,802 95.5 0.5 99.4
23 Johnny’s official(★) 111 15 1,787
24 QuizKnock(↑35) 127 24 1,774 44.9 0.6 98.6
25 フェルミ研究所 FermiLab(↓27) 196 16 1,768 32.0 0.8 97.6
26 東海オンエアの控え室(↓23) 246 28 1,734 31.4 0.5 98.3
27 キヨ。(↑37) 249 24 1,715 53.7 0.6 98.9
28 チャンネルがーどまん(↑46) 128 20 1,709 29.4 2.3 92.6
29 朝倉未来 Mikuru Asakura(↑31) 99 19 1,615 22.0 1.1 95.3
30 きょんくま(↑59) 111 52 1,608 28.3 0.9 96.8

東海オンエアがダントツの1位

1位は2月に引き続き、東海オンエアでした。
再生数は約6000万回で、2位のHikakinTVに1900万回もの大差をつけるぶっちぎりの1位です。

3月にはYouTubeの公式動画「株式会社グレーゾーン・エージェンシー」も公開されています。

ヒカキン、はじめしゃちょーが大幅ランクアップ

HikakinTVが前回20位から2位に大幅にランクアップしました。

動画本数は先月の8本から13本と増えてはいますが、他の上位陣と比較してもかなり少なめとなっています。
しかし動画1本の平均再生数は300万回と、大差をつけています。

同様に、はじめしゃちょーも前回22位から4位と大幅にランクアップ。
はじめしゃちょーも11→24本と、先月と比較して投稿頻度を上げています。

3月といえば、年度末で広告単価が上昇する月。
トップYouTuber2人はそれを見越して動画の本数を増やしたのかもしれません。

江頭2:50は大幅ダウン

江頭2:50のエガちゃんねるは前回の4位から33位に大幅ランクダウン。
動画の本数は12本と変わらずでしたが、再生回数は2850万回から1519万回と半分近くまで減少しています。

歴代2位のスピードで登録者数100万人を達成した江頭2:50ですが、再生数をキープするのはなかなか難しいようです。

新型コロナウイルスで再生数が増えた可能性

再生回数が1000万回を超えていたチャンネルは、1月・2月ともに42位まででしたが、3月は63位までが超えていました。

このランキングは当月に公開された動画のみを対象にしているのですが、過去動画も全て含めた場合、月間1000万回を超えていたチャンネルの数は1月が332、2月が318で、3月は411という結果でした。

ユーチュラのランキングに登録されている全チャンネルの再生回数を見てみると、1月が172億回、2月が152億回なのに対して、3月は197億回と大幅増です。
昨年までの傾向を見ても、3月が特に増加するわけではないので、新型コロナウイルスの影響で再生数が増えていることが考えられます。

インターネットの通信量が増加により、YouTubeも動画の品質を抑制するとの報道もありましたが、実際にYouTubeの再生数は増えているようです。
(関連記事「【新型コロナ】ネット通信量が50%増加の欧州、YouTubeが品質を抑制→日本も対象に」)

 

続いて高評価数・低評価数のランキングです

1 2