努力裏目に…ジャルジャルが
1日で109本の動画投稿し登録者数1.8万人減

芸人コンビ「ジャルジャル」(登録者数64万人)のYouTubeチャンネルの登録者数が、3月29日から30日にかけて1万8000人近く減少しました。

1日で109本の動画を投稿

2020年3月29日、ジャルジャルが108本の「煩悩ネタ!」を投稿しました。
これはもともと、昨年の大晦日のライブ「大晦日に108回もジャルってんじゃねえよ」でジャルジャルが披露したネタ。

「大晦日に108回もジャルってんじゃねえよ」はジャルジャルが昨年の大晦日、除夜の鐘を打つ回数“108”にかけて開演時間を10時8分、チケット料金を1万800円に設定し、108本のネタを披露した前代未聞のライブ。(動画概要欄)

3月28日にも9時間に迫るライブ映像を公開していましたが、それぞれのネタを単体でも見ることができるようにという配慮から、その翌日に108本の動画に分けて再度投稿されました。
動画の概要欄でジャルジャルの2人は、超長時間のライブ映像を編集した「川上くん」をねぎらうコメントも残しています。

(福徳)川上くんというスタッフさんが地獄の編集を乗り越えて個別のアップが実現しました。 川上くんお疲れさま。ありがとう。

(後藤)川上くんありがとう!

またジャルジャルはチャンネルの毎日更新も行っていることから、29日には合わせて109本の動画が公開されました。

チャンネル登録者数が1万人以上減少

ところが、この大量投稿がYouTubeのシステムと非常に相性が悪く、結果としてチャンネル登録者数が激減してしまったようです。

この日大量の動画が投稿されたことで、チャンネル登録をしてる視聴者は「登録チャンネル」タブの中がジャルジャルの「煩悩ネタ!」で埋め尽くされるという事態が発生。

YouTube

ツイッターでも、悲鳴にも似た声があがっていました。

「ジャルジャル公式チャンネルいっぺんに動画あげすぎてヤバい」
ジャルジャルが急に108本も動画投稿したせいでチャンネル登録欄が埋め尽くされた
「全部ジャルジャルで草wwww」

これによってチャンネル登録の解除が相次いだ結果、ユーチュラのデータによると、動画が大量に投稿された3月29日から30日にかけて、ジャルジャルのチャンネル登録者数が1万8000人減少しています。
このままでは、地獄の編集を乗り越えた川上くんが浮かばれません…。

まさかの珍事に、動画コメント欄やツイッターではこんな声もあがりました。

「なんとか家におる人の暇を潰そうと昨日108本も一気に動画あげたジャルジャルの登録者1万人減ったのまじでおもろい」
「ジャルジャルが1日に108本も動画を投稿して登録者数が一気に15000人以上も減った話、一周回って憧れる。」