NYは“リアルバイオハザード”。
日本人女性の惨状報告が580万再生の反響

アメリカのニューヨーク州では、11万人が新型コロナウイルスに感染、これまでの死者数は3500人を超えています。(BBC
そんな中、日本人女性がニューヨークの惨状を報告し、自宅待機を呼びかけた動画が500万回以上されています。

死者続出のNYから警鐘

「ニューヨークのハーレムに住むただのシングルマザー」という女性は、3月31日に「⚠️ほんまに聞いてほしい⚠️マジでコロナを舐めたらアカン」という動画を投稿。(chizu iimura / 登録者数6.8万人)

女性は日本の状況が「ニューヨークの3週間前と似ている」と言い、

(日本が)ニューヨークみたいになったらマジで手遅れやねって思ったから

と、関西弁のストレートな言い回しで投稿した理由を話します。

(街なかには)ホームレスかヤク中か、(中略)頭おかしい人しかいなくて、
治安も悪くなってるし、本当に何かこんなことが訪れるのかなって。
もう生活がもう一変して、ここまで変わるんやっていうくらいビックリしている状態が続いてます

軍隊のテントは遺体安置所

3週間前までは、コロナそのものの危険性よりも、アジア人差別のほうが問題と感じていたそうです。
ところがこの1週間で状況が激変したそうです。

女性によると、タイムズスクエアで有名なミッドタウンの外れには、軍隊がテントを張っているとのことですが、

それってな、治療用じゃないねん。
死体を置く安置所やねん。それぐらい死体が増えてんねん

街なかは「リアルバイオハザード」

女性は街なかの様子を「リアルバイオハザード」と例えます。

外に出ているのは「ホームレスとヤク中と頭悪い人ばっかり」で「そいつらがな、俺たちの時代来たぜ、イェーイ!」といった様子で、「むっちゃ暴れてんねん、むっちゃ怖いねん、治安」と伝えます。
自宅近くの駅でも放火事件があったとのこと。

ゴーストタウンのようなニューヨーク(Twitterより)

病院にも行けないし、誰も助けてくれない

感染して症状が出てしまった場合、ニューヨークではすでに病院はパンク状態で、

自分は病院にも行けないし、誰も助けてくれないし、例えば(重症になる)5%の中に入ったら、自分は死ぬしかないってなってる。
(人工)呼吸器もベッドもないし、医者もナースもおらんからさ

(参考:ANNnewsCH「NY州で“命の選択”状態 深刻な人工呼吸器不足(20/04/05)」)

普段はマスクなど絶対しないアメリカ人もマスクを付け、自宅で待機している人が多いそう。
女性は

日本人って結構さあ自己責任自己責任ってむっちゃ言うくせにさ。
むっちゃ他責にしてるやん、政府批判してさ、指示ないからしゃあないです、みたいにさ

と話し、

今なら止めれる。けど、これ以上なったら病院がパンクする
それなったらマジで終わるから、ホンマに笑われへんから

経済的な事情に関しても「そんなことさえ口に出せないぐらいになる」と強く警鐘を鳴らしました。

580万回の大きな反響

3月31日に投稿されたこの動画は、4月5日現在580万回も再生されています。
視聴者からは、1万6000件のコメントが寄せられており、

本当、貴重なYouTubeをあげていただき、日本人みんな気をつけなければいけないと身に染みました!

真剣に日本を心配してくれている思いが伝わってきた。ありがとう。

といった感謝の声が上がっています。