新型コロナ感染の森三中・黒沢がYouTubeで近況報告

メンバーの新型コロナウイルス感染が発覚した女性芸人トリオ「森三中」(登録者数3.6万人)が、自宅待機中の様子をYouTubeにて公開しました。

現在は自宅待機中

2020年4月1日、森三中・黒沢かずこが新型コロナウイルスに感染したことが、所属事務所の吉本興業から公表されました。
(参考:吉本興業「当社所属タレント 森三中 黒沢かずこの新型コロナウイルス感染について」)

濃厚接触への懸念から現在自宅待機を行っている森三中・大島美幸と村上知子が、5日にYouTubeに投稿した動画で近況報告を行いました。

動画の中で村上は、「娘も旦那も元気なので、家では元気をもてあましてる」と元気な姿をアピール。
「自宅ではマスクをつけて、家族と距離をとっている」といった対策を公表する一方で、「もっと小さい子、赤ちゃんとかいるお家では大変だと思う」と、全国の家庭を心配する様子も見せました。

そんな村上が自宅待機の“お供”としているのが、大人気マンガ・アニメ『鬼滅の刃』。
空いた時間でマンガも読みつつ、家のテレビでは常にアニメを流し続けているとのことで「『鬼滅の刃』がテレビで流れながら、各々好きなことをやるという一日」という自宅での過ごし方も公表しています。

また、大島も「今のところ元気にやっております」「せき、熱、倦怠感一切ありません!」と元気そうな様子を見せました。

「4月2日くらいから自宅待機してるんですけども、一歩も外に出ていません」と徹底した外出の自粛を行っているほか、自宅でも家族と距離をとるために、ダイニングテーブルから一人離れて食事をとっている姿もカメラに収められています。

そんな大島の自宅待機中の過ごし方は、「掃除をめちゃくちゃしてます」とのこと。
過去に購入した、大人気グループ「」(登録者数259万人)のCD・DVDを、マスクをつけながら整理整頓していると話しました。

黒沢も近況報告を投稿

6日には、新型コロナウイルスへの感染が発覚した黒沢から、近況報告や感染発覚までのいきさつを説明する動画が投稿されました。

当初から熱の症状は自覚していたものの、熱を測っても「ずっと36℃台」だったこともあって、病院では「新型コロナウイルスではない」と診断されていたとのこと。
その後も体調不良は全くなかったものの、「味覚嗅覚の感じにくさ」「鼻水が鼻の奥に残ってるような感じ」といった症状に違和感を感じたため病院を受診したところ、CT検査で肺炎が見つかり、そこから新型コロナウイルスへの感染が発覚したと話しました。

休み中の過ごし方は?

休みの間は「東野幸治」(登録者数3.7万人)のYouTubeチャンネルの動画を楽しんで過ごしている、と話した黒沢。
音声だけの動画だったため表情などをうかがうことは出来ませんでしたが、動画内でもせき込んだりといった様子は見せておらず、体調不良もほとんど感じさせないトーンで近況報告を終えました。
また今後についても、「これからは(新型コロナウイルスと)戦っていきたいなと思います」と前向きな様子も見せました。