「もう笑うしかねえ」ジョーブログの経営するBARが倒産の危機

2020年4月2日、「ジョーブログ」(登録者132万人)が「冗談抜きでBARが潰れそうです。借金します。」を公開。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、彼が経営するバー「READY GO」が倒産の危機に瀕していることを明かしました。

新型コロナウイルス感染拡大を受け

ジョーは2019年3月、バー「READY GO」を新宿に開店。
インフルエンサーの交流場としてなど、さまざまな用途に使われてきました。

(関連記事:「ジョーブログのインフルエンサーBAR、完成間近」)

しかし、最近の新型コロナウイルス感染拡大を受け、彼は3月30日に翌2日間の臨時休業を発表。


そして3月31日には、4月1日から同店の無期限の休業を決めました。
一旦、政府からの発表を待ち、営業再開の日時を決めるとのことです。

「もうほんまにヤバイ」

彼は、3月に予定されていたイベントはほとんどキャンセルになり、4月のイベントも申し込みが途絶えていたと明かしました。
また、

READY GOって、来てくれた人は知ってる人もいると思うんやけど、ほんまに西武新宿の駅チカで、立地が結構良くて。
(中略)もうほんまにハコも120人ぐらい入るんかな?家賃とかマジでバカにならんくて。

と、月々のランニングコストが莫大であることを告白。
事態の収束がいつになるか全く読めない今、休業が続けば続くほど収入はないのに支出が大きくなるため、

日本政策金融公庫っていう機関に新型コロナウイルス感染症特別貸付っていうのがあるから、そこに申請を出してお金を借りるしかない状況かなっていうの、
なんですけど!この状況が半年以上、自粛ムードもしくはこれから東京が封鎖とか(中略)そういうふうな発表が出たとき考えて、それが半年以上続くってなったら…ガチでヤバいです。

と話しています。

「もう笑うしかねえ」

バーの経営続行は絶望的で、彼は「もう笑うしかねえ」と天を仰ぎます。
カラ元気で大笑いしたのち、

いや、頑張ろう!うん、やっぱりその分YouTubeもやってるんで、YouTubeの方とか動画アップとか、どんどんやっていけたらなと思うんで。(中略)この時期を皆さん乗り越えましょう。レディゴー!

と話し、動画を終えました。

視聴者からは応援と批判が

この動画は4月5日現在約22万回再生され、低評価2029、低評価率は35%でした。
彼の動画の通常低評価率は10%前半であることからも、比較的厳しい評価を受けていることが分かります。

コメント欄には、

昔から応援してます。僕も自体待機で失業もしましたが皆んなに楽しめる動画やリアル日常を配信しました。頑張って生きていきましょう!
コロナに負けないでくださいね!

今はみんなで頑張って耐えましょう!本当もうやばい人多いと思うけど…。生きてりゃ絶対どうにかなるよ!大丈夫!

と励ましの声が寄せられている一方、

コロナのせいみたいになってるけど、そもそも潰れかけてた説

どっちみち潰れる店だもん、コロナのせいにすんなよ。悪運だけは強いんだなー。元々カッコつけて歌舞伎町にして、インフルエンサーが〜云々、夢とは〜云々、挑むとは〜云々。。。

20歳以下は酒飲めないんだぜ?
バーにしてどうするの。

やっぱり世間は思った程甘くないって事さ。

と、事業の存続性自体に問題があったことを指摘するコメントも寄せられています。