きょんくま解散の危機?きょんのメンタルに心配の声が寄せられる

きょんくま」(登録者数111万人)の「きょん」のメンタルを心配する声があがっています。

「ショックな事あった」きょんが告白

2020年3月26日、きょんが「ショックな事がいくつかあって当分立ち直れなさそう」とツイートしました。

3月29日に公開した動画「最悪な事があったんで2キロの豚肉を業務用スライサーにかけて爆食いします。」の中でも、

僕だって人間だから、やられちゃうときもあるんですよ。
最近ショックなことがいくつかあったのと、本当先に向けて不安なことがいくつかあって…

と切り出すと、ビールを片手に12分にわたってひたすら愚痴をこぼし続けました。

何に嫌気がさしているかは「話せない」と詳細には触れなかったものの、あまりのローテンションぶりに、視聴者からは「大丈夫?」「たまには休んで」といった心配の声が殺到していました。

チャンネル解散の危機?くまが明かす

きょんのメンタルの不調は、4月に入っても解決していない様子。

4月1日に投稿した動画でも、相方の「くま」が「最近いろいろと嫌なことがあったみたいで本当に目が死んでるんだよね。」ときょんを心配したほか、「(YouTubeを)やめるとか言い出すんじゃないかってのは心配なんですよね、本当に。」と、チャンネル解散の危機も明らかにしました。

心配の声に謝罪する姿も

4月上旬からはきょんがチャンネルの動画に出演する機会も減っていたため、ファンからの心配の声はさらに高まっていました。

こういった声を受け、きょんは4月8日に投稿した動画で「すごい心配をおかけしてしまって、申し訳ございません」と謝罪。
チャンネル解散の危機に対しても「やめるつもりはないんですよ」と否定しました。

ただし、何かしらの悩みやトラブルを抱えており、それがいまだに解決していないことも示唆しています。

出たいって気持ちはあるんですけど、ちょっといろんなことがあってそっちの方で忙しかったり、ちょっと解決しないといけないことがあったり…。

ごまかしきかないと思ってるんで正直に言うんですけど、意識と時間を費やしてる。

きょんくまは登録者数100万人という節目を迎えた時にも、「前に進めるようによく考えて決めた」として、2週間にわたって活動を休止していました。
(関連記事「きょんくまが活動休止を発表」)

今回も「いま前に進むための大事な時期かなと思って考えたり悩んだりしている」と、別の動画では話しています。
そういった時にしっかりと「休む」という選択ができるのもまた、きょんくまの特徴なのかもしれません。