パートナー以外とのセックスもOK。
あやなん&しばゆーの独自の夫婦観

2020年4月14日、「しばなんチャンネル」(登録者230万人)が「【つわり日記シーズン2】妊娠4ヶ月突入♡現在の様子と結婚生活4年目のリアルを暴露!」を公開。
あやなんが夫の「東海オンエア」(同530万人)・しばゆーとの夫婦生活について話しました。

視聴者から夫婦生活に関しての質問

今年1月、あやなんは第2子の妊活を宣言。
3月には無事妊娠したことを発表しています。

関連記事
「あえてオープンに」あやなん&しばゆー夫妻が“妊活”開始宣言
あやなん・しばゆー夫妻が第2子妊娠を発表。妊活宣言から約2カ月

妊活にあたって、視聴者から「どうやって妊活を進めたのか?」「どうやってセックスレスを解消していったのか?」といった質問が多く寄せられたそうです。

そういうところも踏まえて、私も記録として残したいと思います。

あやなんは最近の夫婦生活について話していきます。

夫婦生活が無理になるくらいなら…

現在の妊娠生活は、1人目の子供を産んだ経験から

ポンス(2人の第1子)のときよりも余裕に考えられてきている。

と話しています。

視聴者からは「マンネリ化しないのか」「セックスレスにならないのか」などの質問が多く寄せられるそうですが、

私たちも夜の営みありませんって時期ももちろんありました。
でも、しばなん夫婦の考え方って言うのはどんどん変化してて、夫婦だけが性の対象みたいな、そういうふうに考えるからできなくなっちゃうんだろうと思って、「私も他の男性と全然しますし、あなたも他の女性とどうぞ」っていう心持ちを持っとく。
それでお互い成り立たせようみたいな、定義をあえて作ったの!

あやなんは、性行為の対象が夫婦のみという概念はかえって「窮屈な考え」を生み、「(お互い夫婦生活が)無理になる」と考えたとのこと。

そして、性生活はお互い「自由にしていい」と合意していると明かします。
これは話の上だけで、実際に自由にしているわけではないそうですが、あやなんによると、これによってお互いがお互いを大切にするようになるとのこと。

ポンスが生まれてから半年ほど少し険悪な関係が続いたため、このような考えを共有することにしたと話しています。

誰と結婚したとしても

あやなんは、この考え方を「不倫や浮気を許容してるわけ?」と受け取る視聴者がいることも理解したうえで、

これがすべての夫婦に通用してうまくいく方法ですっていうのはもう全くもって言えないし、むしろそんなことをやめたほうがいいと思うんだけど、理想ばかりを求めて自分がきつくなるんだったら。めちゃめちゃ理想を下げて、ハードルを下げて付き合っていったほうがお互い楽

と話します。

さらに、

誰と結婚しても不満なんて生まれるし、絶対その人間に対して「私とは合わないわ」「絶対価値観が違う」なんてことはもう生まれんの!誰と結婚してもそうなる!
だったらね、もうガラって夫婦の在り方を変えちゃえばちょっと楽になるんじゃない?と思うわけよ。

と持論を展開しました。

夫婦生活は10年20年と続くものであり、ずっと順風満帆はありえない。だからこそ「もっとラフに」考えて夫婦生活を楽しんでほしいと語りました。

「強い女性でしっかりした人間」と賛同のコメント

批判を覚悟で独自の夫婦像を述べたあやなんですが、コメント欄には

「お互いが1人の人間として見れる関係」「相手のことを良い意味で期待しすぎない」ってことは、当たり前に出来ているようで意外と出来てないことであり、夫婦じゃなくても大事なことなんだろうなって気付いた気がする。

あやなんのいう「誰と結婚しても不満は生まれる。夫婦なんてこの先何年も一緒にいるのにずーっとラブラブ仲良しなんで無理!!200000000%無理!!」ってすごい大人の考え方で。すげえ。強い女性でしっかりした人間

と、これに賛同するコメントが多く寄せられています。

オープン・マリッジ

夫婦が合意のもとにパートナー以外との性行為を認める結婚のかたちを「オープン・マリッジ」といい、あやなんが提示したのはまさにこの考え方。

不倫に拒否反応を示す人が多い日本では一般的ではありませんが、欧米では浸透してきているそうです。
(参考:LINE NEWS「婚外交渉もOK。『オープンマリッジ』は多様な愛のカタチのひとつになる?」)

ちなみに、現在ツイッター上では、しばゆーが“パパ活”女性と遊んでいるという噂が飛び交っています。
そんな中、タイミングを合わせるかのように今回の動画が公開されたのは、あやなんからの意思表示だという可能性も考えられます。