撮影時期“3月”と偽って花見動画投稿か。
高校生YouTuberに批判の声

4月13日、関西を拠点に活動する高校生YouTuberグループ「18禁ファミリーず」(登録者数43万人)が花見を楽しむ動画を投稿しました。
外出自粛ムードのなか投稿されたこの動画に批判の声が寄せられると、別のYouTuberがそのコメントを取り上げました。

4月中旬に花見動画を投稿

2020年4月13日、18禁ファミリーずのチャンネルで「男女でおしゃれピクニックしてみた🌸」が公開されました。

動画では、インスタ映えするとして若者を中心に広がりを見せる「おしゃピク(おしゃれなピクニック)」をするために4人の高校生が公園に訪れています。
4人はその場にレジャーシートを広げると、満開の桜の下で思い思いに花見を楽しむ様子を見せました。

この花見動画に対して、18禁ファミリーずが活動拠点とする関西の中でも大阪府と兵庫県は4月7日に政府から発令された緊急事態宣言の対象地域となっていたことから、視聴者から疑問の声が寄せられました。
またこういった批判の声を「よりひと」(登録者数54万人)が取り上げています。

新型コロナ軽視する高校生ら

よりひとは動画の中で、18禁ファミリーずの新型コロナウイルスに対する意識の低さについても苦言を呈しています。

花見動画の中で、18禁ファミリーず4月5日の21時にアップされた動画へのコメントを読み上げていることから、動画の撮影時期をそれより後だと断言すると、

18禁ファミリーずは大阪に住んでるんですけど、大阪では7日に不要不急の外出の自粛が求められてるんですね。

と、緊急事態宣言の直前の撮影だったと説明。
18禁ファミリーずのメンバー「みらん」は動画概要欄で「この動画は緊急事態宣言出る前なので把握お願いします。」と、緊急事態宣言前であれば外出は問題なかったとの認識を示していますが、よりひとは

4月6日に撮影されたのであれば、ギリセーフなのかなっていうところはあるんですけど…

でも、志村けんさんが亡くなったのが3月29日なんですね。
それを考えれば、たとえ6日に撮影されたものだったとしても、その頃はみんな外出自粛しようって呼びかけ合っていた時期なんで、普通に問題だと思います。

今の時期さぁ、外撮影の動画出すのはマズい。

と、18禁ファミリーずの屋外での撮影を批判しています。

大阪市では、既に3月末時点で市長から「都市部において感染経路が不明の感染者が増えてきました。飲み食いする花見は自粛いただきますようお願いします」と、飲食を伴う花見の自粛が大きく呼びかけられていました。
参考:読売新聞オンライン「『飲み食いする花見は自粛を』大阪市長呼びかけ」)

そんな中行われた花見の中で、メンバーからは、

(とわ)やっぱいいなぁ、桜をバックに。
(たかお)天気もいいしな。
(てつ)何がいいかっていうと、コロナウイルスが流行ってるときに外に出るっていう行為が。
(たかお)最高っすね!

と新型コロナウイルスを軽視するかのような発言も飛び出していました。
こういった言動に疑問を感じた視聴者もいたのかもしれません。

撮影時期偽ったか

よりひとは視聴者のコメントを取り上げ、花見動画の撮影時期について「(18禁ファミリーずが)嘘をついているっぽいんですよね」とも疑っています。

実際によりひとが取り上げたように、コメント欄では動画の撮影時期について言及するコメントがいくつか寄せられていました。

「これ4月の動画のコメント読んでるやん。なにが3月に撮影しましたなん?嘘つくなよ」
「3月に撮影したとか概要欄に書いてるけど7:20で4月5日された動画のコメント読んでるので3月に撮影したかすらも怪しい」
「もし自粛前に撮ったなら、撮影日書くべきだと思います」
「概要欄やTikTokで書いてる日付がコロコロ変わってて本当のことはわからないですよね。 外出自粛要請前って言ったり 3月って言ったり 緊急事態宣言が出る前って言ったり。

現在、メンバーのSNSアカウントのいくつかは閉鎖されており、その詳細は確認できなくなっています。

志村けんの教訓はどこへ

YouTuberの中でも18禁ファミリーずはTikTokやインスタグラムといったSNSを駆使して活動しており、特に若者を中心に支持を得ています。
彼ら自身が高校生ということもあり、共感の対象となっていることも大きいのでしょう。

YouTuberも外出自粛の影響で動画の撮影が難しくなっているとはいえ、若者に対する大きな影響力を持つ彼らが屋外で動画撮影を行ったことに対して、批判の声が寄せられるのは仕方のないことなのかもしれません。

「43万人の若者がチャンネル登録してるyoutuberが外出促すようなこと発信すんなよ」
「緊急事態宣言の前だとしてもコロナ前々から流行ってたし、誤解されるような動画を出すのはやめた方がいい。今は大人しく自粛して家で動画撮った方がいいと思う。」

3月末には、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんを悼むツイートもしていた18禁ファミリーずのメンバーたち。
その数日後に友人と屋外での撮影を行ったようですが、志村けんさんの教訓はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか。