旅YouTuberジョーブログの起業プランが「ペテン師みたい」と総スカン状態

旅YouTuberとして人気の「ジョーブログ」(登録者数139万人)。
「ジョーブログ」の「ジョー」が企画した新ビジネスに視聴者の批判が殺到しています。
 

「ジョーブログ」とは?

アメリカ無一文横断や南米バイク縦断など、数々の挑戦を発信し続ける人気YouTubeチャンネル「ジョーブログ」のジョーさん。その挑戦はYouTubeの枠にとどまらず、記憶に新しいところでは、AbemaTVの「亀田興毅に勝ったら1000万円」や「亀田×ジョー プロボクサーへの道」という番組企画を通し、我々に感動とチャレンジすることの素晴らしさを伝えてくれた。幅広い世代から支持され、今やYouTubeのチャンネル登録者数は100万人を突破。まさにチャレンジモンスターとも言えるジョーさん
サンクチュアリ出版WEB MAGAZINE

 

「起業家ジョーの新たな挑戦」として、お店の開業を発表。

そんなジョーブログが10月18日に「借金3000万円⁉︎お店を開業します。バズらな死ぬ!」と題した動画を公開。
「新たな挑戦」としてお店を開業すると発表しました。

新宿駅近くの物件を既に借りており、
貯金のほぼ全額である600万円を初期費用として支払い済みとのこと。
 

「インフルエンサーBAR」の立ち上げでクラウドファンディングを実施

「ジョー」は、
インフルエンサーは、YouTuberだとチャンネル登録者数が20万~30万人ないと飯が食えない。
登録者数が1,000人ぐらいのインフルエンサーが大量にいる。
そういう人たちが自分の活動をしっかりしながら、お金を稼げる場所にしたい。
インフルエンサーは、リアルの世界でファンとの距離感を縮める場所がない。
そういう人のための「インフルエンサーBAR」にしたい。
と語ります。

有名デザイナーに絵を描いてもらう予定で、BARの立ち上げには3000万円かかる、
綱渡り状態であると話しました。

そして、資金集めにクラウドファンディングを実施すると発表しました。
 

視聴者は「自分の金でやれ」と批判

動画のコメント欄では、

https://www.youtube.com/watch?v=gTqBuXpfaMk

などと、批判コメントが圧倒的多数を占めています。

 

「ジョー」は月収300万円

「ジョー」は2018年4月8日に放送されたAbemaTVの「給与明細」で、
自身の月収が300万円程度であると告白しています。

広告収入も月によって変わってくるので、まちまちなんですけど、大体月平均300万円位じゃないですかね。広告収入に加え、本や物販の売り上げ、イベントの出演料とか、それらを総合したら月300万円位
EntamePlex

これだけの収入があれば、「自分の金でやれ」と批判する声が上がるのもうなづけます。
 

クラウドファンディングは「過程」を見せるため

「ジョー」は、視聴者の批判に呼応する形で
「なぜジョーブログはクラウドファンディングをするのか」という動画を公開。
 

 
クラウドファンディングは単に支援を求めただけでなく、
「作り手の過程を見せることによってコンテンツとして楽しめる」とも考えていると説明。

そもそもなんでファンからお金を取ってそれでメシを食うねん、みたいな概念があると思うねんけど、
俺はそれはなんか違うと思ってて
(中略)
お金を払いたいっていう人たちが払ってくれて
それによってバーが出来上がるストーリーをどんどんこの動画で上げて行こうかなと

クラウドファンディングのリターンに関しては(中略)
強制じゃないから買いたい人達が買ったらいいと思うし、
興味がない人達はそれに対して通り過ぎて行ったらいいと思うねやん

と、賛同する人がお金を支払ってくれればいいと語りました。
 

クラウドファンディングは「ジョー」と電話できる権利で8万円など

「ジョー」が募集しているクラウドファンディングは、2000万円を目標金額に設定。

インフルエンサーBAR構想を発表した動画では、
必要な資金は3000万円と発言していましたが、
自己資金を引いたのか、クラウドファンディングの目標金額は2000万円を設定。
10月31日現在で、944万円が集まっています。

クラウドファンディングのリターンは
「ドリンクチケット」1,000円などの安いものから、
「ジョーと20分間生電話できる権利」8万円
「ジョーとVIPルームでサシ飲みできる権利(1時間)」10万円、
など、特徴的なものがあり、
最高額は「ジョーの講演・その他イベント主催権利と著書100冊」で50万円(売り切れ)となっています。

「ジョー」はこれまで何度かクラウドファンディングを実施。
2018年4月にはアフリカ縦断旅行を企画し、目標金額200万円のところ、
約778万円を集める成果を上げています。

 

2本目の動画も視聴者は批判

さて、2本目の動画も1本目と同様、
コメント欄は批判コメントが大量に寄せられています。

https://www.youtube.com/watch?v=Rs50KdEordg

 

視聴者からは「詐欺」と痛烈な批判

10月26日に3本目の動画を投稿。

この動画で、BARのデザイナーを視聴者からの募集に変更すると発言。
加えて、バーの内装や施工管理も視聴者から募集すると発表しました。

有名デザイナーのコストが高いので3000万円必要という説明だったにも関わらず、
デザイナーを視聴者募集に切り替えたことから、

と痛烈な意見も。
これを詐欺とまでは言えないとは思いますが、
必要な資金は間違いなく減るはずで、出資者から説明が求められる行為です。

動画は自身の思いを強く主張しているものの、
BARにかかるコストの明細や事業計画など、具体的なプランに一切言及がないことも槍玉に上がっています。
 

ビジネスネタは総じて低評価だが、旅動画は変わらず評価が高い

整理すると、新規ビジネスについて10月18日以降、「ジョーブログ」は3本の動画を投稿。

(1)10/18 「借金3000万円⁉︎お店を開業します。バズらな死ぬ」
 再生回数:51.3万回、低評価率:33.1%
(2)10/21 「なぜジョーブログはクラウドファンディングをするのか」
 再生回数:11.7万回、低評価率:70.5%
(3)10/26 「俺とお店を0から作る仲間を募集します!お店の名前も募集するぜ!!」
 再生回数:12.6万回、低評価率:73.2%
※再生回数・低評価は2018年10月31日時点

と、2・3本目は再生回数も低調で、
低評価が7割という厳しい評価。

一方で旅動画の方は、
10/10【助けて】アフリカの荒野のど真ん中でチャリが壊れてどうすることもできない。
再生回数:40.3万回、低評価率:4.3%

10/15 南アフリカに着き、血を吸う虫に襲われる!大物有名人に助けてもらう。
再生回数:37.8万回、低評価率:4.4%

10/23 アフリカの大麻所持人の家に泊まることになりました…
再生回数:34.5万回、低評価率:8.3%

と、旅動画の方は再生回数も評価も安定しています。
視聴者は「旅」動画を見たいというのが伝わってきますね。

 

「ジョー」はお金にガメつい!?

「ジョー」はこれまでに金銭をめぐって炎上した経歴があります。

かずむきちゃさんがジョーさんにイベント出演を頼まれた際、ギャラを払うと約束していたにも関わらず、その支払いがなかったそうです。
オノマトペ

ジョーさんが文化祭を開催すると発案し、運営費100万円の寄付金を募集します。また、更に文化祭運営のボランティアをする権利が5万円、模擬店出店の権利が7万円、打ち上げ用の飲み会費18万円の寄付金の募集、更に当日会場に来た人にはドリンク代で1杯600円の支払いが義務付けられていました。
来場者からも費用を取りつつ、模擬店、ボランティア費用まで回収しつつ、飲み会も売り上げからではなく寄付金を募集。
ここまでくると運営費の100万円ってどこから出たの?となりますよね。
オノマトペ

 

好きなことで生きていくための「ダイレクト課金」

「ジョー」は、2017年に「ジョーズクラブ」という「オンラインサロン」(≒月額制のオンラインファンクラブ)を立ち上げています。

自らのブログで、「これからのYouTubeについて」

好きなことで生きていくのに大事な横移動は、自分の収入を「広告費」以外から持ってくるようにすること。
ジョーオフィシャルブログ

として、

生配信者が得ているお金の出所は広告費じゃなくて、視聴者さんからの投げ銭。配信者のことを信頼して応援しているファンから、直接お金をもらえる仕組みになっている。
お客さんから演者に「ダイレクト課金」が起こってるわけやな。
このダイレクト課金が、好きなことで生きていくには大事になってくる。
俺もオンラインサロン「ジョーズクラブ」を作って、ダイレクト課金をもらえるようにしている。
ジョーオフィシャルブログ

と書いています。
「好きなことで生きていく」には当然お金が必要とは思いますが、
「好きなこと」が具体性を伴わない上に、内容がコロコロ変わることから、
旅人としての「ジョー」を応援してきたファンからは総スカンを食らっている状態なのだと思われます。

一方で、クラウドファンディングの方は開始から約2週間で目標の半分近くを集めるなど、
支援したい人がいるのも事実。

「起業家」と「旅人」の2つの顔を持つ「ジョーブログ」はどうなっていくのでしょうか。

関連リンク

CAMPFIRE(クラウドファンディングページ)

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.08.12~

もっと見る