“高校生社長”戸田英志がSNSコンサルめぐる金銭トラブルで炎上

“高校生社長”「戸田英志」(登録者6010人)が、金銭トラブルで現在炎上状態となっています。

高校生社長

戸田英志は現役高校生でありながら、Web制作やSNSコンサルティング業務を行う実業家。
株式会社BLISS代表を務める“高校生社長”として活動しています。

彼は「社長を身近にしたい!」という思いのもと、YouTubeでの活動も始めています。

被害者と対談

炎上しているのは、戸田が展開する「INSTAGRAM LIKE&FOLLOW PLAN」という事業。
顧客のインスタグラムのフォロワーを増やし、企業案件が来るようにするというサービスです。

2020年4月18日、不動産投資の知識を配信する「おは養分チャンネル」(登録者9650人)が「【戸田英志/要注意】詐欺コンサルの悪質な実態を暴露します」を公開。
チャンネル代表の「ぼのぼのですよ」が今回の件について解説していきます。

彼は「INSTAGRAM LIKE&FOLLOW PLAN」の仕組みとして、顧客が10万円を支払うと、多数のアカウントから顧客のインスタグラムをフォロー、投稿には自動で「いいね」評価を付けるものだと解説しますが、

よくよく考えて、そうやって増やしたフォロワーって、意味ないじゃないですか?
影響力としてはゼロじゃないですか。

と批判。
また、フェイクアカウントを調べるためのツール、「TwitterAudit」で戸田のツイッターアカウントをチェックしたところ、「本物(のフォロワー)が27%しかいない」ことが分かったそうです。

ぼのぼのですよは、戸田とトラブルを抱えているという「戸田英志被害者の会(18歳)」「しん(15歳)」を招いて、その実態について尋ねました。

契約は民法上無効

被害者の1人はインスタグラムで「お金の稼ぎ方教えます」といった投稿をしていた戸田に興味を持ち、自らコンタクトを取ったそうです。
その後、彼は戸田に3万円を払うように求められたとか。

自分に3万円を払うことでインスタグラムのフォロワーを1万人増やし、企業から案件が来る仕組みだと説明され、「有名な人だし、詐欺はないだろう」と3万円を振り込んだそう。

その際、LINEを交換し電話をしたそうですが、録音された音声で「さらに10万円を払えばインスタのフォロワーを1万人にします」「もし10万円を払わなければ(既に払った3万円が)損になる」という内容が流されたそうです。

「結局稼げなくても返金対応してくれるだろう」と考えた彼は翌日10万円を振り込み、フォロワー数1万人になるという1カ月後(3月20日)を待ちますが、最終的に彼のフォロワー数は5000人に留まったとのこと。
納得できずに戸田に返金を求めますが、「返金はできない」と回答され、以後戸田からはブロックされ連絡も取れない状況だそうです。

ぼのぼのは、彼らが親の同意なしに戸田と契約したことを踏まえ、

民法上、未成年っていうのは責任能力がないって感じだから、契約とか勝手にできないんだよ。
(契約は)無効ね。初めからなかったことになるわけ。
だから返金されて当たり前な話なのね。(中略)
未成年だから無効になる。それは覚えておいた方がいい。

と2人にアドバイスしました。

戸田本人が批判に反論

4月29日、ラッパーで実業家の「KING TOMORO 6666(トモロウ)」(登録者3420人)が「高校生社長の戸田英志くんは詐欺師なのか!?呼び出して事情聴取しました〜第1話〜」を公開。
炎上中の戸田が登場し、自身のサービスを「詐欺」と批判している人たちに対し反論しました。

戸田は炎上について「誤解に誤解が重なってる状態」とします。
自身の行っているマーケティングコンサルティングの効果については保証出来ないとし、

「こういうふうに動いてください」とかっていう指示は一応コンサルティングなんでするんですね。
ただ、それを受けてくださらない、きちんとやってくださらずに僕に文句を言ってくるっていうのが多いんですよね。

自分の指示に従わず、結果が出ないと文句を言う顧客がいることを指摘。
あくまで「こっち(自分)は悪くない」と主張しました。
トモロウも

一般人が広告効果を期待して、やる(広告を打つ)のはいいと思うけど、それでもし効果が出なかった場合に「返金しろ」っていうのは、逆にそれ脅迫だよね。

と、経営者として戸田の考えを肯定しました。

次に戸田が顧客やその他のアカウントを多数ブロックしているという批判については、彼のイメージを守るため彼の事務所がアンチをブロックしていると話し、事務所が顧客をアンチと間違えてブロックしたのではないかと話しています。
また、本当は戸田からブロックされていない人が彼のネガティブキャンペーンのために、どこかから拾ってきたスクリーンショットをそれらしい文面を添えて投稿し、ブロックされていると演出しているケースもあると話しました。

戸田は、自分は本名・顔出しで活動しており、何度もテレビに出演していることからも「詐欺はまずしてるわけがないんですよね」と、改めて詐欺疑惑を否定しました。

コレコレ生放送に被害者登場

5月4日「コレコレ」(登録者112万人)の生放送「【現在炎上中】高校生社長が中高生に詐欺まがいで逃亡中…炎上中の美容系YouTuberななこ、ツイキャス生放送でガチギレ…宮迫とのコラボ裏話」に、「被害者」を名乗る18歳の高校生「翔太」が登場し、コレコレに事情を話しました(上記の高校生と同一人物です)。

13万円の被害に遭ったという翔太は「被害者は自分だけじゃない」と言い、彼が開設したツイッターアカウント「戸田英志未成年被害者の会」には1日10~20件ほど、同じように詐欺に遭った人(主に中高生)からメッセージが来ていると話します。

翔太はコレコレに対しても、経緯を説明します。
10万円を追加で支払うよう求められた際には、

「インスタのフォロワーを1万人にするには(さらに)10万円が必要」と言われて、「自分の手で1万人にしてもいいですけど、もしできなかったら払ってください」っていうふうに言われて。
「じゃなきゃもう(既に払った)3万円が無駄になりますし、じゃあ10万円払わないなら、もうこれでコンサルは終わりなので、ありがとうございました。」っていうふうに。

との話があったとしました。

返金の求めに対しては、戸田からはフォロワーを増やしてあげるためFacebookに既に支払っているので「返金はできない」と回答され、以後彼からはブロックされ連絡も取れない状況だと述べています。

コレコレは戸田に電話を掛けますが、つながらず。
苛立つコレコレを見た視聴者が戸田のツイッター、インスタグラムなどSNSにリプライを送りまくったらしく、そのためか彼は急遽SNSアカウントを非公開にしたようです。

戸田は現在、ホームページ・インスタグラム・TikTok・ツイッターすべてを非公開にしており、YouTube以外は彼の投稿を見ることができません。
続報が待たれます。