水溜りボンドも巻き込んだ「とあるYouTuberの裏アカウント」。
正体は一体誰なのか

正体不明のYouTuber、「とあるYouTuberの裏アカウント」(登録者数2万人)が話題となっています。

謎のYouTuber

「とあるYouTuberの裏アカウント」とは、自らを“底辺YouTuber”と称し、2020年4月から動画投稿している謎のYouTuber。
匿名ながら、チャンネル開設からわずか1カ月でここまで注目を集めている理由は、ずば抜けた動画編集力です。
有名なアイキャッチをパロディ化した動画や、自身のチャンネルがまるでテレビニュースで取り上げられたように編集した動画など、センスとスキルに溢れた動画を投稿。
また、YouTubeだけでなく、インスタグラムツイッターTikTokのアカウントまで運営しており、手が込んでいます。

さまざまなYouTuberに関連した動画を投稿していることから、視聴者からは「ほんと誰の裏垢なの?」「有名YouTuberに違いない!」といった憶測が飛び交っています。

水溜りボンドや有名YouTuberが否定

2020年5月3日、「水溜りボンド」(登録者数432万人)が「【真相】とあるYouTuberの裏アカウントは大物YouTuberがリレーしている説」を投稿しました。

「とあるYouTuberの裏アカウント」は有名YouTuberの動画企画ではないかとの噂があり、編集力に定評のある水溜りボンドにも疑いがかけられていたようですが、水溜りボンドの2人はきっぱり否定。

2人は、視聴者から名前の挙がっていた「東海オンエア」(登録者数526万人)のてつや、「北の打ち師達」(同119万人)のふぇると、「すしらーめんりく」(同498万人)に連絡するも、全く無関係だと判明します。

便乗するアカウントが登場

同日の5月3日、ツイッターで「カンタ(水溜りボンド)企画中」と名乗るアカウントが出現し、

水溜りボンドのカンタです!
突然ですが、とある企画がスタートしてます!
この動画と少し関係あるかも?!
(水溜りボンドの動画のリンク)

と投稿しました。(現在削除済み)
しかし、カンタ本人が「これ本当に偽物です。気をつけて。」と注意喚起。
ファンから批判が殺到したため、このアカウントは、現在「カンタさんごめんなさい」という名前に変更されています。

 

次ページ:管理人がツイッターで謝罪

1 2