へずまりゅう、アカウントBANされる

2020年5月15日、「へずまりゅう」(登録者数9.3万人)がツイッターを更新、アカウントを停止(垢BAN)されたと明かしました。

へずまりゅうのYouTubeチャンネルにアクセスすると、

嫌がらせ、いじめ、脅迫を目的としたコンテンツを禁じている YouTube ポリシーに対する度重なる違反または重大な違反のため、このアカウントを停止しました。

とのメッセージが表示され、コンテンツが一切表示されない状態となっています。

YouTube

へずまりゅうは、今後はサブチャンネルの「ヘズぱっぱ」(登録者数1.0万人)をメインにするようです。
(※16:45追記 へずまりゅうが新チャンネルを立ち上げました。)

炎上商法で注目を集めた

へずまりゅうは今年の2月頃から有名YouTuberに“凸”を繰り返す炎上商法で“迷惑YouTuber”として注目を集めた人物。
5月初めには、休業指示を無視して営業を続けるパチンコ店に突撃する動画で物議を呼んでいました。
(関連記事「迷惑YouTuberが休業要請応じぬパチンコ店に突撃し、警察官ともみ合いに」)

すでに“2ストライク”だった

へずまりゅうは、4月23日に公開した「ねお」(登録者89万人)への凸動画、5月5日に公開した「パーカー」(同40万人)への凸動画でそれぞれ「嫌がらせ、いじめの禁止」のポリシー違反の指摘を受けていました。

へずまは、現在の過激なスタイルに移行する以前に“失神ゲーム”により「事前警告」を受けていたため、いわゆる“2ストライク”状態となっており、90日以内に新たに警告を受けるとアカウント停止に追い込まれるという状態になっていました。

関連記事
迷惑YouTuberがねおに突撃。ねおは「震えが止まらなかった」
・YouTubeヘルプ:コミュニティ ガイドラインの違反警告に関する基礎知識