「YouTubeの動画は全て質が低い」
ゲーム実況者KUNが小学生のYouTube人気に苦言

2020年5月13日、ゲーム実況者「KUN」(登録者105万人)が「【悲報】小学生向けアンケートでKUNの動画を見てる奴がいるらしい-ラジオ」を公開しました。

「YouTubeの動画全て質が低い」

プロゲーマーとして活動していた過去を持つKUNは、現在「フォートナイト」「マインクラフト」「エーペックスレジェンズ」など、人気ゲームの実況動画を連日投稿しています。

KUNは開口一番に「YouTubeを、小学生はもう絶対見ないほうがいい」と宣言。その理由を話していきます。

「小学生が見ているゲーム実況YouTuber」というアンケート調査で、1.4%の小学生が彼の動画を見ていることを知ったというKUN。
彼はこの結果に驚きつつ、「今すぐ(自分の動画を見るのを)やめたほうがいい」と告げます。
動画内に卑猥・過激な内容が含まれていることも理由に挙げますが、根本的に「YouTubeの動画全て質が低い」と考えているようです。
(参考:BCN+R「小学生が見ているゲーム実況YouTuberは「ヒカキン」、ゲームのアンケート調査」)

文化が出来上がってない→しょうもない

KUN曰く、自分の動画には撮影・編集・チェックなどで3~4人が関わっているとのこと。
これを「たった3人」だと言い、映画やテレビなどはもっと莫大な人数が関わっていると話しました。

「人を使えば使うほどいいかって、そんなことはないんですよ」と断ったうえで、YouTubeなど個人製作の動画(ゲーム実況含め)は「文化が出来上がってない」と話します。

こうした理由からKUNは、YouTubeのコンテンツが「基本的にしょうもない」と考えているようです。

手軽さが完成度に勝る。しかし「浅はかな人間」になる。

ここまで聞いて、「じゃあなんで(質が低いのに)再生いっぱいされているのか」と思った人も多いはず。
それについてKUNは「人間の面白さ」「親近感」に加え、「手軽でかつ無料で見れる」(=障壁がすごく低い)ことが大きいと答えます。

これはゲームでも同じで、KUNは質の低いスマホ無料ゲームが完成度の高いコンシューマーゲームより多くの人にプレイされていることを例に挙げました。

KUNは「YouTubeばっかり見てると、無料に慣れちゃう」とし、その結果、「しょうもない」コンテンツで満足してしまう「浅はかな人間」になると警鐘を鳴らしています。

YouTubeの良さが分かるのは中高生から

もちろん、KUNはいちYouTuberとしてYouTubeの良さについても触れており、「俺の動画もしょうもない」と断ったうえで、

ひとりの人間が作ってるから、そいつの人間性が全て出る。(中略)少ない人が作るからそいつの色が出やすい

ことを挙げました。しかし、

そこまで解釈できたり人の面白さがわかるってレベルになるのは、ある程度自我が成長した中高生ぐらいからじゃないかな、どっちかっていったら高校生ぐらいじゃないかなとは思うんだよね。

まだ人生経験が少ない小学生にとってYouTubeは相応しくないと考えているようです。

多くは「普通の人」

KUNは「YouTuberになりたい」「プロゲーマーになりたい」という子供に対しても否定的な意見を持っているようです。

基本的にやんない方がいいと俺は思うけどね。
夢を見させるのもいいけど、なんかほとんどの人は凡人なんだからやめた方がいいと思う。
まだリスクすぎる、あまりにもリスクすぎる。

学生のうちにビジネスやプロ契約に成功した人に関しては「運もあって」「タイミングも良くて」「かつ普通じゃない人」とし、多くの「普通の人」には「大人しく勉強しておいた方がいいと思う」と現実的なメッセージを送っています。

KUNに称賛の声

視聴者を減らすかもしれないことをあえて話したKUN。
コメント欄では

めちゃくちゃ数字にこだわるkunさんが小学生に対して見ない方が良いて言うの凄いな。

尖ってそうでいて、めちゃくちゃまともな意見

と、彼の意見が的確だと捉える視聴者が多いようです。