闇を暴く系YouTuber、自作自演を暴かれ「全てヤラセ」と白状。
1万6000人が登録解除

2020年5月19日、「とぅるんとぅるん」(登録者数20万人)が「【ヤラセ!】私とぅるんとぅるんの動画は全て…?」を公開、これまでの企画はすべて“ヤラセ”だったと告白しました。

“闇を暴く系”で人気のYouTuber

とぅるんとぅるんは、ぼったくりバーへの潜入や、闇サイトの調査など、“闇を暴く系”として人気のYouTuber。
警察官や“半グレ”が登場するなど、そのリアルさが好評で、昨年秋の活動開始から7カ月余りでチャンネル登録者数を20万人にまで増やしていました。

ボイスチェンジャーを使った自作自演がバレる

ところがチャンネルの人気が高まるにつれ、企画がヤラセではないかという疑惑の声も大きくなっていました。

そんな中、とぅるんとぅるんのヤラセ疑惑をたびたび扱ってきた「シャモのしゃもじ2nd【暴露系異次元YouTuber】」(登録者数5000人)が、5月19日を動画を公開。

とぅるんとぅるんの動画に出てくる警察官や“半グレ”の音声が、とぅるんとぅるんの自作自演だと主張。
ボイスチェンジャーソフトを使ってこれを証明してみせました。

とぅるんとぅるんが完敗宣言

こうした状況を受け、19日の動画でとぅるんとぅるんは

参った。参ったよ。
今までの動画、すべてヤラセです。
僕の演出です、すべて。
半グレも闇サイトもぼったくり系も全てが演出。

と白状し、「逃れようのない状況に追い込まれた」、「僕が演じてるのを晒されちゃったので、どうしようもない」と観念した様子で話しました。

演劇と注意喚起のため

とぅるんとぅるんは、最初はヤラセをするつもりはなかったそうですが、
チャンネルを伸ばすためか、「過激な動画を作っていかなきゃ」と思い、

どうせやるんだったらヤラセをやって“演劇”をして皆に楽しんでもらいつつ、
公益性があるように、皆のためになるようなね、注意喚起できるようなね、そんな動画を作っていきたいと思って

と手始めに美人局のヤラセ動画を作ったとのこと。
その後、動画がヒット。
これに味をしめてヤラセを続けるようになったようです。

登録者数は1万6000人減少

とぅるんとぅるんは、ヤラセを告白したことで、「それなりに炎上するかファンもそれなりに減ってしまう」と予想しましたが、実際に炎上とファン離れが数字にあらわれています。

動画は5月20日13:00現在、11万8000回再生されており、高評価2000に対し、低評価は8400。
低評価率は80.7%と炎上状態です。

さらにチャンネル登録者数も、前日の21万9000人から1万6000人減少して20万3000人となっています。

今より面白い動画を作る自信はある

YouTuberでは“闇を暴く”動画は人気ジャンルのひとつですが、とぅるんとぅるんは「僕と似たようなことやってる人、全員ヤラセ」と断言。
ヤラセでなければ「僕たちは消されています」と話します。

規制の厳格化や、広告のつきにくさなどの事情もあり、とぅるんとぅるん自身は、今後闇系の動画は封印するもよう。
自分がどうやってヤラセ動画を作ったのかを解説する動画なども考えているようですが、今後は路線を変えるとのこと。
そんな中でも「今より面白い動画を作る自信はある」と自信をのぞかせています。

コメント欄では失望の声が続出

コメント欄では、

沢山の人が信用してたと思う。コメントにも書いてあったのに、開き直りが早いな。登録解除されるで!

一番体張ってるユウチュウバーとかみんな言ってたのに。なんや

プロの詐欺師みたい笑 あなたみたいな人に騙されないように気をつけます

と失望の声が続出しています。