“逆張り系”YouTuber遠藤、ギャル男時代の写真を公開
「想像の50倍ギャル男」

2020年5月23日、「遠藤チャンネル」(登録者17万人)が「ギャル男時代のワイ」を公開しました。

逆張り系YouTuber遠藤

遠藤は、世間でバッシングを受ける人物を独自の理論で擁護する一方、評価の高い人物はこき下ろす“逆張り系”YouTuber。
昨年の京都アニメーション放火事件では、「犯人は悪くない」と主張し炎上。
その後アカウントはBANされています。
(関連記事「京アニ放火犯を擁護したYouTuber、アカウント停止に。BAN間近か」)

「~は悪くないっすね」などの独特な言い回しや、整ったルックスにそぐわない奇行が人気で、逆張りスタイルも定着したためか、現在チャンネルは安定して成長を続けています。

今年で36歳になったという彼は、昔通っていた大学や住んでいた下宿を訪れたり、過去の経歴について話すなど、最近は“自分語り系”の動画も多く投稿するようになっています。

週一で日サロ通い

先日、遠藤のもとに大学時代の友人から「昔のガラケーを整理してたら」と、1枚の写真を送られてきたそうです。
それは遠藤が21~22歳頃の写真で、交際相手と隅田川の花火大会に来ていた遠藤と友人が偶然鉢合わせし、そのとき撮ったそう。
遠藤は都内の大学に入学するも、2年生のときに自主退学しており、ホストとして仕事を始めたと動画で話していますが、この写真はホストを辞めた後だそうです。

当時の遠藤は週一で日焼けサロンに通っていたらしく、今と比べるとかなり色黒な見た目をしています。
彼女のほうも2000年代初頭に流行った「ガングロ」ブームを思わせるヤマンバメイクをしています。

彼女とはネットの掲示板サイトを通じて知り合いったそうですが、遠藤が彼女の友人と浮気したことがきっかけで振られてしまったとのこと。
浮気がバレたときには、携帯電話を真っ二つに折られたそうです。

遠藤は、20年前の自分の姿に「時代は変わったね」と懐かしんでいました。

予想以上のギャルっぷりに驚く視聴者

コメント欄には

想像の50倍ギャル男で草

15年前から真っ黒焦げに炎上してたのな

チョリ~ス!! の原点はここやったんか

過去の遠藤のギャルっぷりに驚く視聴者からのコメントが多く寄せられています。