へずまりゅうの“凸”はよりひとプロデュース?シバターが暴露

2020年5月24日、「シバター」(登録者108万人)が「パチンコ収録中に変な奴に凸された」を公開。
“迷惑系”YouTuber「へずまりゅう」(同3.1万人)に突撃された様子と、その背景を暴露しました。

へずまりゅうは今年の2月頃から有名YouTuberに“凸”を繰り返す炎上商法で“迷惑YouTuber”として注目を集めた人物。
5月初めには、休業指示を無視して営業を続けるパチンコ店に突撃する動画で物議を呼んでいました。
(関連記事「迷惑YouTuberが休業要請応じぬパチンコ店に突撃し、警察官ともみ合いに」)

パチンコ動画収録中に凸

スロット動画の収録のため、名古屋のパチンコ店で打つシバター。
その背後からへずまりゅうが「コラボレーションお願いします!」と、メントスとコーラを差し出してきます。

突然の出来事にもかかわらずシバターは落ち着いて状況を整理し、マスクを着け立ち上がり、へずまりゅうに外に出るよう促します。
シバターは「LINEしたやん」と、へずまりゅうに叫びます。
その後すぐに店員数名が割って入り、へずまりゅうは店外に追い出されます。

シバターは鬱陶しそうに、

あ、先に動画上げちゃおうかな!録画残ってるでしょ?
(へずまりゅうより)先に動画あげるわ、俺が。で、俺が再生数貰う。

とひらめき、急遽動画を撮ることに決めたようです。

事前に釘を刺していたのに

シバターは以前、いつか自分のところにも来るだろうと「たむちん」(登録者8860人)を通じてへずまりゅうの連絡先を聞き出し、へずまりゅうとLINEでやりとりをしていたそうです。
電話をした際、へずまりゅうに

とりあえず俺のパチンコ関係の来店とかには、凸はちょっとやめてな

と釘を刺しており、へずまりゅうもそれに応じたそうですが、結局凸されてしまい呆れています。

よりひとが裏で手を引く

へずまりゅうは有名YouTuberに凸を繰り返していますが、シバターは最近の凸動画は事前に相手に連絡をとった「半ヤラセ」の動画であると暴露します。

また、これらの動画はすべて「よりひと」(同55万人)がプロデュースし、へずまりゅうに指示したものとのこと。

それをへずまりゅう本人から聞いたというシバターは

ゆくゆく金儲けしたいなら、犯罪行為もしくは犯罪行為になりそうな行為はやめろ。
ネガティブなイメージがついたら案件も来ないし収益化もできない。
よりひとみたいな奴の言うことは聞かなくていい。
(中略)
ヒールは嫌われ過ぎてもいけないから、ちゃんと踏むべきところでブレーキを踏め
とりあえず凸はもうやっても少しも意味ないよ。
動画とチャンネルが消されるだけだけだから、他にちゃんとしたコンテンツを作りなさい。

とかなり親身にアドバイスし、へずまりゅうも

いろいろ考えます。今のチャンネルは守りたいです。

と前向きに答えたそうですが、結局へずまから凸を受ける結果になってしまい、呆れた表情を浮かべています。

シバターは「素人がイチからチャンネルを伸ばすのは大変」と理解は示しつつも、

やっぱラインは守ってね、犯罪行為とかしないように、なにか自分なりの何かを見つけて、YouTubeやるんだったらやるで、伸ばしてください。

犯罪行為だけはしないようにと注意しました。

よりひとにヘイト集まる

シバターの暴露により、へずまりゅうの悪行にはよりひとが絡んでいるとされた今回の動画。
コメント欄には

迷惑YouTuber現れたら十中八九よりひとが絡んでるって考えた方がいいかもな

よりひとって本当に最低だな
被害者面するし卑怯で勘違いな
イケメン気取りの不細工

視聴者からよりひとに対するアンチコメントが多く寄せられています。

ちなみに以前ユーチュラがへずまりゅう本人に取材した際は、へずまりゅうはよりひととはあまり関係がないと語っていました。