現在の家賃は100万超え?ぷろたんが住んできたマンションを振り返る

2020年5月24日、筋トレ動画で人気の「ぷろたん」(登録者168万人)がサブチャンネル「ぷろたんの日常動画」(同14万人)で「この3年で家賃が上がりすぎた件について」を公開しました。

ボロアパートの家賃は「5万2000円」

「ただ単純に自分の思ってることを言ってるだけ」というこのサブチャンネルで、ぷろたんは今回自分の住んできた家のことについて語ります。

ぷろたんがYouTubeを始めたころに住んでいたという“ボロアパート”の家賃は月5万2000円。それでも最寄り駅から徒歩1分で、商店街も近くにあり値段の割に利便性は高かったそう。
毎年、大家さんがドアノブに家で取れた柿を掛けてくれたそうで、その柿が「シブ柿でクソまずかった」と懐かしんでいます。

ぷろたんは会社員として働く傍ら、ニコニコ生放送の女装配信者として活動を始め、“女装筋肉”という新しいジャンルで有名になりました(当初のハンドルネームは「プロテイン」)。
その様子はNHKのドキュメンタリー番組『72時間』でも特集されており、今でも「NHKオンデマンド」「アマゾンプライム」などVODサービスで見ることができるそうです。

本当に闇を抱えた青年みたいな顔してるんで。今の顔とね、まったく違うと思います。
本当に闇を抱えた絶望の中で、首の皮1枚で繋がって楽しみを見出している社会人みたいな顔してますんで。

「家賃払いたくないタイプだった」ぷろたんは、そのアパートに6年間も住んでいたと話します。

プレッシャーを掛けなければ成長できない

ぷろたんは次に浅草のマンションに引っ越します。家賃は倍以上の月13万円。

YouTube活動も軌道に乗ってきて、生活にもゆとりが出始めたぷろたんは、“尊敬するボス”とされる人物から

ぷろたんさん、プレッシャーを人生で掛けないとそもそも成長しないですよ

とアドバイスされたそうです。
ぷろたんの得意な筋トレになぞらえ、同じ負荷でトレーニングし続けていても筋肉は増えないことと同じように、家賃というプレッシャーを大きくしないと自分のチャンネルも成長しないと言われたらしく、ぷろたんは恐る恐る家賃を上げ立地の良い場所に住むことを決めます。

家賃を上げたことで自身の考えや行動にも影響が出たらしく、13万円という家賃を容易に払えるほどの結果がついてきたそうです。

「ちょっとでももっと稼がなきゃ」っていう気持ちになったんですよ。それでいろんな行動力が芽生えて、いろんな人とコラボしたり、YouTubeめちゃめちゃ研究したりみたいな

現在の家賃は100万超え?

浅草のマンションに引っ越してから1年後、ぷろたんは都心のマンションに引っ越すことを考えます。

都内中心にやっぱり住んだほうが仕事的にも便利だし、やっぱり買い物とかもね、いろいろ揃ってるんで便利だなと思って、やっぱそっち行きたいなと思って。

引っ越しするにあたり、家賃を上げるかキープするかとても迷ったそうですが、さらに自分を追い込むべく、家賃を上げることにしたそう。
結果的にさらに努力するようになり、チャンネルの成長にも繋がったようです。

ちなみに、この動画のサムネイルには「4年で20倍の家賃。」とテロップが貼られており、これに基づくと現在のマンションの家賃は100万円を超えることになります。

家賃がモチベーションにつながる

家賃を上げ、自身を追い込み成功を収めたぷろたんは「住む所ってすごい大事だな」と語っています。

いまでも最初の5万2000円のアパートに住んでいたと仮定して、

YouTubeだって、まあ収益の話をしましたけど、週に2本とかでいいっすもんね。
週に1本とかでいいっすもん、本当に。5万2000ぐらいだったら。
ということは週6休みで、なんならもう何も仕事しないとかになってくると思うんですよ。まあそこまでいかないですけど、今より絶対行動力はなかったと思うんですよね
だからその行動力とかやっぱ、俺もないんですけど、やっぱ自らをそういう環境に奮い立たせるしかないのかなって思いましたね。

あのとき家賃を上げなければ、今の行動力やモチベーションはなかったと話しています。

これらの経験をもとに、

年に抗いながら、安定を求めずに不安定を意識して生きていきたい

と考えているようです。

ぷろたんを尊敬する視聴者多数

いち社会人から配信者として名乗りを上げ、日々プレッシャーを掛け続け成功を収めたぷろたん。
コメント欄には

数年前のぷろたんを知ってるからこそ、綺麗事で言ってるわけじゃないことがわかる
身に染みた

元気貰える。。。
なんていうかこう、他の成功者の体験談と違って自分みたいな人間と目線は同じであり続けてるんですよね。

自分は今仕事なくて、何をしたいかも見えなくて、でもお金を得なくちゃ生きていけなくて…な、状態なんですけど、
ピンチをチャンスに変えられるよう、現状をバネに頑張ろうかと思いました。

背中お推して頂いた感覚です。

地道に努力を重ねているぷろたんに視聴者から尊敬のコメントが多く寄せられています。