よきき、ソロ活動をやめコンビYouTuberへ転身すると発表

2020年5月28日、美容・メイク系「よきき」(登録者数122万人)が「約3年半の間、ありがとうございました。大切なご報告です。」を公開。

ソロ活動をやめ、今後はコンビYouTuberとして活動していくと発表しました。

100万達成後に燃え尽きる

「有名になりたい」との思いでYouTube活動を始めたというよききは、「全力で走りきった」というほど力を注ぎ、活動2年目にして登録者数100万人を達成しました。

ところが達成後は、動画へのモチベーションが下がってしまい、やりたいことよりも数字を追うように。
「好きなことをやれてないことに気づいた」そうで、

何回か、辞めてしまったほうがいいんじゃないかって思ったこともありました

と語ります。

ちなみに一昨年には燃え尽き症候群になったことも明かしています。
(関連記事「よきき 燃え尽き症候群になっていた」)

お笑いが支えに

そんな落ち込む時期は、「お笑い」を見て過ごしていたというよきき。

笑いの力に気づき、「みんなを楽しませたい」「しんどかったり、落ち込んでる人を僕も救う立場になりたい」という気持ちが高まっていったようです。

しかしそれには、自身の「レベルアップが必要」ということで、コンビを組むことを決意。
実は、活動2年目から相方がほしいと思っていたものの、誰にも言わずに胸に締まっていたそう。

コンビ結成にあたっては「ハゲるくらい悩んだ」と話しました。

相方は「どんでもないダメ人間」

よききは、「とんでもないダメ人間に出会ってしまった」と相方との巡り合いを語ります。

彼となら、おもろい動画撮っていけるって直感でね、ピーンて来たわけですよ

よききが相方に選んだのは、これまでも動画に出演している「森りょうま」。
りょうまは、「元々地下アイドルをやっていて、今は“ガチニート”」で、よききとは地下アイドルを辞めた頃に出会ったそうです。

よききは

人生の中でなかなか無いくらいフィーリングが合って、なおかつ、ダメなんす。
クズで、ほんとにクズカスうんこなんです。マジで。

と紹介。
りょうまの「カス」具合は、女グセの悪さに発揮されるようです。

散々な紹介をしたよききですが、そんな「そういうところが好き」と、ダメさも含めてりょうまのことを気に入っているもよう。

コンビ結成を受け、チャンネル名は「よきりょまチャンネル」になるとのこと。
これまでのサブチャンネルは、よききの個人チャンネル「よききチャンネル」となり、これまでの美容系の動画はこちらで投稿していくそうです。

コンビでも何でもよききを応援するのがファンやろがい!!

この動画は事前に「大切なご報告があります」とツイッターで告知されていたため、不安を感じるファンも多かったもよう。
発表が前向きなものだったことから、コメント欄では

よききが本気で悩んで決めた選択を否定するファンがおるか!!
コンビでも何でもよききを応援するのがファンやろがい!!
法律の範囲内で好きなことせい!!

たしかにある意味ありがとうございましたで合ってて、一部の人には悲しいお知らせなのかもしれないけど、ほとんどの大多数のファンは良かったって思える報告で良かった。

と応援の声が寄せられています。