ゆゆうたがNHKに出演。
“社会人10年生”のオリジナル曲で企画にも参加

2020年5月29日、「ゆゆうた」(登録者数133万人)がNHK総合のテレビ番組『不可避研究中』に出演しました。

「働く」をテーマに放送

『不可避研究中』は、

MC稲垣吾郎さんの新ジャーナル番組!世の中の誰もが避けて通れない「不可避」な問題を独自に研究。思わず考えたくなる動画を作成し、ネットで先行配信中です。今回のテーマは「働く」。新型コロナの感染拡大で多くの人が仕事を奪われたり、テレワークなど働き方が一変したりしています。未曾有の事態の中、個性豊かなディレクターたちが「働く」を考える企画を鋭意制作中。(番組HP

ゆゆうたがNHKに出演

放送前にゆゆうたは、「今宵NHKの番組に僕が出演します【ゆゆうた】」を投稿、出演を告知しました。

コンプライアンスギリギリの曲を弾き語り、“才能をドブに捨てた男”という異名をとるゆゆうた。
(関連記事「ゆゆうたが「一般男性脱糞シリーズ」の封印を発表」)

自身も「汚らわしい汚物をお茶の間で流してしまって大丈夫なのか」と不安ものぞかせましたが、番組には真剣に取り組んだとのことです。

10年の社会人生活を歌にする

21歳のときに働き始め、現在31歳となったゆゆうた。
8年間は、建設会社のサラリーマンのかたわら、配信者としても活動していました。
ところが電話番号や職場の流出で辞めざるを得ない状況となり、2年前に退職、現在はYouTube1本で活動しているそうです。
(関連記事「ゆゆうたの住所がまた特定される。3度目の拡散も「歌にはしません」」)

番組では、10年間の社会人生活の秘めた思いを歌にし、熱く語りました。
ツイッターでも、

僕にとっての「働く」ってのは「働くこと」じゃないですね。
「働いてると思わないこと」かな

など、仕事観やYouTubeに対する思いをインタビューで答えています。

「#社会人10年MVを作ろう」を作曲

放送に合わせ、全国の社会人10年生がそれぞれの「働く」を曲にのせて振り返る「#社会人10年MVを作ろう」という企画もスタート。
その作曲もゆゆうたが担当しています。

番組では、皆さんの社会人生活を写真や動画で振り返る
ミュージックビデオを募集しています!
入社式や忘年会、仕事の支えになったものの写真を集めると、
自分にとっての“働く”を考えるきっかけになるかも!?
10年目の方だけでなく様々な年代の方の投稿をお待ちしています。(番組HP