ローランド、ラブライブ!への熱い想いを語る。
視聴者は「このギャップたまらん」と好感

“ホスト界の帝王”と称される「ROLAND」(登録者41万人)がアニメへの熱い想いを語りました。

過去の栄光にすがらないタイプで

2020年5月29日、ローランドは「【自宅】㊗️銀の盾ローランドに贈呈|下着3枚&スマホ封印生活を公開」を公開。
登録者数が10万人を超えたYouTuberに与えられる“銀の盾”をローランドに渡そうと、カメラマンがローランド宅を訪れました。

ローランドは一応感謝しつつも、家に飾る気はないもよう。

俺トロフィー系はもう…過去の栄光にすがらないタイプで、いろいろ表彰とかされたことあるんですけどトロフィー1個も持って帰ったことないな。

カメラマンがすぐに帰ろうとすると、ローランドは

自粛期間人に会わなさすぎて、友達としゃべることが本当になさすぎて、寂しい…

と珍しく弱気な発言をしました。
「せっかくなんで」と部屋の中や最近の生活を紹介することになります。

ラブライブ!を熱く語る

5月30日、続編の「ガチのラブライバー ローランドがアニメ&声優愛語る | おうちでアニメ鑑賞会」を公開。

カメラマンが「観てます?自分のチャンネル」と質問すると、

ラブライブ!の反響めっちゃスゴイんですけど

と、4月末に公開したStayHome動画でローランドがアニメ「ラブライブ!」に関して熱く語ったことに大きな反響があったと答えました。
(関連記事「ローランドが外出自粛中の私生活を公開」)

「アニメを全く観ない」というカメラマンに“布教”したいのか、ローランドはお気に入りの、「ラブライブ!」第2期でヒロインのグループが劇中の大会で歌った「Snow halation」(通称“スノハレ”)の動画をカメラマンと一緒に鑑賞しました。

マジで感動する

内田彩さんです。群馬出身なんですけど、群馬出身はめっちゃいい声優が生まれるんですよ

と熱弁しますが、アラフォーのカメラマンにはいまいち伝わっていないもよう。

このアニメが公開されたのが2014年ということから、カメラマンが「じゃあ今の方々って結構、歳取ってるって感じなんですか?」と際どい質問をすると、

はい? いや、2次元に歳って概念が無いんです。

と、ローランドは少しイラッとした様子。

「国家権力と言ってもいいほどの相手を敵に回しましたよ。」

ラブライブ!はライブ公演も行っており、劇中に登場するキャラクターの声を当てている声優が、そのキャラになりきって舞台でパフォーマンスをします。
しかし、アニメや声優に関して「無知な」カメラマンは

声優の方って、アニメの声をしている人じゃないですか。
なんですけど、声を演じていた人たちをワァ〜ッと応援するのが…(理解できない)

とローランドに話すと、

いや、今…ソンさんはラブライバーを敵に回しましたね。
国家権力と言ってもいいほどの相手を敵に回しましたよ。
夜道気を付けて下さいホント。

と呆れている様子。

アニメを観るのに「年齢関係ない」とし、「(アニメを)観たほうが良い」と勧めました。

父の影響

ローランドがアニメを好きになったのは、アニメソングのバックミュージシャンとして活動する父の影響だそうです。

家庭環境って結構影響を受けるじゃないですか?アイデンティティに。
ほんとアニメがあって当たり前の環境だったんで。

ローランドは

(アニメの魅力を)知らない人もいるから魅力は伝えたいな。
(中略)ほんとどっかでめっちゃアニメを語る時間をね、欲しい。

と、さらなる布教に意欲を見せています。

父の影響

ローランドの意外な生い立ちにも触れた今回の動画。
コメント欄には

「2次元に歳って概念が無い」
かっこよすぎだろw

アニオタの鑑

このギャップたまらんよ

アニメ語りが完全にオタクのそれでなんか親近感湧くw

と、彼の意外な一面に驚くファンからのコメントが。

“アニメオタク”という新しい一面を獲得したローランドの人気はさらに広がりそうです。