ラファエルが誕生日のヒカルにサプライズ&対談。
セミリタイア構想を語る

2020年5月31日、「ラファエル」(登録者165万人)が「【祝400万人】ヒカル号泣で苦悩の道のりを語る!【サプライズドッキリ・ラファエル】」を公開。
登録者数400万人を達成した「ヒカル」(同401万人)の誕生日が5月29日ということで、「Wでなんかしよう」とサプライズドッキリを企画しました。

「使ってくれるもの」をプレゼント

ラファエルは

ヒカルさんが気に入ってくれるもの、使ってくれるものをプレゼントしたい。(中略)
「ラファさんこれええやん!」「めっちゃ使うわ!」って言ってもらいたい。

というコンセプトのもと、プレゼントを用意してヒカル宅を訪れました。

ラファエルはヒカルがアパレルブランドをプロデュースしていることを踏まえ、

この靴やったら気に入ってもらえるんちゃうかな?

と、ルイ・ヴィトンの大きな紙袋を差し出しました。

ヒカルが袋に入っていた箱を開けると、新作の白いサンダルが。これにはヒカルも大喜びです。

YouTube

さらにラファエルはそのときどきの服装の色によって使い分けられるように、黒のサンダルもプレゼントしました。
しかしこちらにはファーが付いており、ヒカルは「どこに履いていくんすかこれ」と少し戸惑っている様子。
とはいえ、ヒカルは感謝をラファエルに伝えました。

その後、外出自粛の影響で2カ月ぶりに会ったという2人が、近況報告も兼ねて対談しました。

ラファエルは「今やっぱり丁度心地いいかな」

今年で29歳のヒカルは、以前から「30超えたら自分の中の節目」と考えていたそうで、20代最後の1年をさらに頑張っていきたいと意欲を示しています。

ヒカルは登録者数400万人を突破したものの、「キッズと海外(の視聴者)とれないんで」これから伸び悩むことを覚悟しているそう。
同じく大人の視聴者が多いラファエルは、大人から観られることで承認欲求が満たされるそうで、「今やっぱり丁度心地いいかな」とコメントしています。

しくじり先生に出演してみて「テレビは終わらない」

ラファエルは5月11日、テレビ朝日『しくじり先生 俺みたいになるな‼』に出演しました。
そのときの感想を述べています。

「テレビが終わる」っていう発言、なんとなくあるじゃないですか?
テレビは終わらないと思いましたね。
もう質が良いものとして、あれはあれで需要が残ると思いましたね。

照明・カメラ・構成作家など、多くのプロが携わるテレビ番組はやはり質が高く、映像の質では「勝てない」と思い知らされたそう。
しかしテレビの制作はコストが掛かりすぎているとして、ビジネスの面で言えばYouTubeにも勝機があると考えているようです。

ラファエルが出演する際ギャランティの交渉で一悶着あったそうですが、その際出演する他の芸能人たちよりも自分たちのほうが多く稼いでいることが判明したそうです。
ちなみに番組内では、ラファエルはギャランティが「400万円」とほのめかしています。

僕らが言うと普通の単価ですけど、僕らからしたら別にそのギャラがそんなスゴイ感じじゃないですもんね

それでも、その番組を観た大人がラファエルを知り、チャンネルを訪れたそうで、テレビに出演したメリットはあったと話しています。

 

次ページは「セミリタイアを希望」

1 2