YouTuber事務所勢力図-マホトUUUM加入後

2018年11月11日のU-FES.2018で、GENESIS ONEのほとんどのYouTuberをUUUMが吸収することが発表されました。
(関連記事「マホト UUUMへ電撃加入を発表! U-FES.2018」)

GENESIS ONEは翌12日に所属YouTuber/アーティストの退所とUUUMへの移籍を発表しています。

この度、「ワタナベマホト」「imiga」「タケヤキ翔」「カイト」「夕闇に誘いし漆黒の天使達」「JENNI」は、株式会社GENESIS ONEからUUUM株式会社へ移籍する運びとなりましたことをご報告いたします。
上記6組のYouTuber/アーティストは、株式会社GENESIS ONEとUUUM株式会社との基本合意書の締結により、UUUM株式会社へ移籍することが決定いたしました。また、音楽レーベルである「Neo Kinder Records」も同じくUUUM株式会社にて運営していく予定です。
GENESIS ONE

 

670万人加入でUUUMがさらに強大化

移籍する6組のYouTuberの合計チャンネル登録者数は約670万人で、MCN(YouTuberの所属事務所)として圧倒的な力を持つUUUMがさらに巨大化することになります。

一方、誰もいない状態になってしまったジェネシスワンは事業の存続が危ぶまれる状態になっています。
 

YouTuber事務所勢力図

という訳で「マホト」らのUUUM加入後のYouTuberの事務所勢力図を作成してみました。
前回の勢力図から一部修正しています。

「サグワ」はUUUMに移籍せず、独立。
「三納物語」の「ライバー(旧テクサ)」からの脱退を反映しています。

なお、図ではメインチャンネルが30万人以上のYouTuberを掲示していますが、
UUUMは登録YouTuberが多すぎるので60万人以上のYouTuberで、キッズ系など一部は除いて記載しています。

関連リンク

UUUM「ワタナベマホトなど6組のクリエイターがUUUMに新加入。U-FES.で昨年に続きサプライズ発表!
GENESIS ONE「所属YouTuber/アーティスト移籍のお知らせ