ネットの誹謗中傷、後から来た芸能人が「匿名は卑怯だ!」と叫ぶのは自己都合ー5chの投稿が大反響

木村花さんの訃報により、ネット上の誹謗中傷が大きな話題となりました。
多数の有名人やYouTuberも誹謗中傷を批判しましたが、中でも「メンタリストDaiGo」(登録者数213万人)は、激しい怒りを見せ、訴訟で徹底的に争うと宣言しています。

関連記事
『目的は和解ではない、殲滅です』 メンタリストDaiGoが誹謗中傷を訴訟する理由語る
「自殺する人を擁護するのはやめたほうがいい」ネットの誹謗中傷を語る【ひろゆきx高橋将一対談】#5

後からきて「匿名は卑怯だ!」は勝手?

そんな中、先日5ちゃんねるで投稿されたあるコメントが反響を呼んでいます。

ネットは物理的に、表現に名前がついてまわる場所ではないので、
匿名が匿名相手にお互いにやりあってきた場所。
これが変えられない前提としてあり、それを土台にして文化やルールができていた。
その場所に、後から自ら顔と名前出して入ってきて、
「匿名は卑怯だ!」というのはちょっと自己都合が過ぎる。
誹謗中傷という生産性の無い行為がなくせるならそれはいいことだが、
ネットはそれが最初からできない場所として存在しているのだから、
その場所で顔と名前出して自分の欲求だけ満たそうとするのは不可能だよ。
5ちゃんねる

投稿主は、ネットはもともと匿名の世界であり、後から実名を出して参入してきた人が匿名を卑怯だというのは「自己都合」だと主張。

著名人も匿名で発言できる

さらに「著名人も顔と名前出さずにかける」のに、匿名で発言しないのは

承認欲求が満たされず、金にもつながらないからでしょ。
芸能人の一言より、ネットの名無しの鋭い正論一言のほうが力を持って他人の意識を変えていき広まるからなネットという場所では。

「偉そうにコメントしているTVタレント」は匿名で意見を発信しても、

無知な発言なら、瞬時に論破されるか、だれにも相手にされずに流れる事だろう。
それが君の発言の真実の価値だよ。

と断じました。

ツイッターで3万リツイートの大反響

この書き込みは6月3日の夜にツイッターに転載され、5日11:30現在までに3.2万リツイートされるなど大きな反響を呼んでいます。

このツイートに対して

匿名によって何らかの権利を手放すことがあるとしてもそれは誹謗中傷していいことを意味しない

正論かもしれんが、匿名でないと発言できないやつの意見ともとれる。

だからといって誹謗中傷が許されるわけではないとする意見もあるものの、

なにを発言したかじゃなく
誰が発言したか、が大事なので匿名で発言したら力がなくなるのは当然

実名は個人のインフルエンスに頼ってて、
匿名の方が発言自体の真価は判るかも知れない。

自分に批判的なコメント嫌なら、グループLINEでも出きるだろうに?
何故公開するかね?YouTuberで広告収入欲しいからだろうが。

SNSの匿名にご不満なら我々と同じように匿名でどうぞお使いください。顔を売る商売道具として使用しなければSNSは快適ですよ。

多くは、投稿主に賛同する意見のようです。

テレビのほうが「何倍も被害は出してる」

ツイッターの転載では割愛されていましたが、投稿主は先の書き込みに続けて

①公共の電波を利益の100分の1以下のレンタル料で特権的に利用し
②相手がいない、自分たちが保護してもらえる場所で
③自分たちに都合の良い論理を
④一方的に
⑤集団で
⑥ネットの数万倍の人の前でぶつけて
⑦あざ笑って
⑧私腹を肥やしている
⑨問題おこせばアナウンサーが3秒あやまるだけ

バラエティーや、ワイドショー番組に顔と名前出して発言してるやつらのほうが何倍も被害は出してる

と批判しています。