PDRさんがUUUMの相次ぐ退所に見解。
これからもっといろんな人が辞めていく

退所の理由に疑問

6月1日に4組のYouTuberが退所を発表したことについては、PDRさんは「契約終わる時期が一緒だったんじゃない?」と納得する素振りを見せたPDRさん。
ただし、退所の理由については疑問を感じているようです。

UUUMからの退所について「自分のやりたいことをもっと自由にやりたいから」と前向きな発言をしたほしのこですが、PDRさんはこれを「UUUMは自由じゃないってこと?」と勘繰っています。

カップルチャンネルのジュリディは、「僕たちの強い思いだったりビジョン」「もっとポップにアクティブに動いていきたいという思いが強くて」といった動機を退所の理由としましたが、PDRさんは「言ってることが政治家並みに曖昧」だと揶揄しています。

自身の退所時には誓約書

多くのクリエイターの退所理由が具体性を欠く一方で、退所の円満さを強調していることについて、PDRさんは、クリエイターに対して何らかの制約が課された可能性も推測します。

辞めるときに、契約書を書かされた。
秘密保持契約とまでは行くかは分からないですけど、辞めるときに「こういうことについては話しちゃいけない」とか「会社の悪口は言ってはいけない」みたいな契約書

PDRさん自身は「ジェネシスワンの前に入ってた事務所を辞めたときにそういう契約書を渡された」という経験があると話します。

ただし、おのだまーしーらはその存在には言及しておらず、あくまでもPDRさん個人の意見といったところでしょう。

案件の斡旋で“えこひいき”か

UUUMのマネジメント料についてPDRさんは、おるたならと同様に「高すぎる」との見解。

案件たくさんもらってたらいいけど、何ももらってなくて(広告収入の)20%だけ取られたらいる意味ないですよね

加えて、案件のあっせんについて一部のクリエイターがえこひいきされており、そのことに不満を持ったクリエイターが退所しているのでは?との考えも示しています。

自分より人気のないYouTuberが大物YouTuberと友達だから、もしくは上の人に気に入られているからいい案件ばっかり貰ったり特別扱いされるのを目の当たりにしたら、やめたくなりますよね…。

また、多くのクリエイターを抱えるUUUMを、人気ゲームに例えて「UUUMはYouTuberをポケモンのように集めてますよね」「誰かUUUMにキャタピーばっかり集めても意味ないってことを教えてやれよ」とも皮肉っています。

PDRさんは、今後のUUUMについて「これからもっといろんな人がUUUMを辞めていくと思います」との予想を語ったところで動画を終えていますが、果たして今後UUUM所属のクリエイターにどのような動きがあるのでしょうか。

 

1 2