YouTubeプレミアムをGoogle Play Music有料プランから移行する方法

2018年11月14日に「YouTube Premium」が日本で利用開始されました。

広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生などの機能が備わっており、YouTubeのヘビーユーザには魅力的なプランとなっています。

YouTube Premiumの内容について知りたい方は一番分かりやすいと思われる「ヒカキン」の解説動画をお薦めしておきます。

 

Google Play Musicの有料プラン利用者がYouTubeプレミアムに入るとどうなる?

私は「Google Play Music」の有料プランのファミリープランに入っているのですが、気になっているのが「YouTube Premium」と競合してしまうのではないかいうこと。

という訳で、どうなるのか試してみました。

まず、YouTube プレミアムのページにアクセスすると、

私はGoogle Play Musicのファミリープランに加入しているので、
「ファミリープランを購入」というボタンが表示されているようです。

クリックすると、「Google Play Musicをご利用の方へ」というメッセージが表示されます。

「Google Play Music」は「YouTube Premium」に含まれているので、
キャンセルを薦められました。手順は後ほどメールで届くとか。

「次へ」をクリックすると、購入の確認画面が出ます。

ファミリープランの金額は1,780円のはずですが、なぜか金額は156円になっています。

「購入」をクリックすると、「設定が完了しました」という表示が出ます。

YouTubeのロゴが「Premium」に変わる

「完了」をクリックするとYouTubeの画面に戻りますが、
左上のロゴが「YouTube」ではなく「Premium」になっています。

メールを確認すると、明細が届いています。

Google Play Musicの有料プラン利用者は差額が日割り計算される

先程は支払い金額が156円だったのですが、
明細を見ると「YouTube Premium – Prorated Charge Billed for Nov 16, 2018 to Dec 1, 2018」となっています。

どうやら「Google Play Music ファミリープラン」(1,480円/月)と
「YouTube プレミアム ファミリー」(1,780円/月)の差額300円を日割りで計算した金額が156円ということだったようです。
 

2ヶ月目からは全額請求の模様

その下には「YouTube Premium – Subscription Billed monthly starting Dec 1, 2018」と書いてありますので、
日割り計算は今月だけで、12月1日からは全額請求になるようです。

そうなると、やはり「Google Play Music」の有料プランを解約しないとダブルで請求になる可能性が高そうですが、
送られてくるはずの「Google Play Music」の解約方法が書かれたメールは1時間待っても届きません。
 

Google Play Musicは解約する

仕方がないので、自分で解約することにします。
Google Play Musicの設定画面にアクセスします。

「定期購入を解約」ボタンをクリックします。

すると解約理由を聞いてきます。

「理由は分かってるやろ!」と思いつつ、
「別の音楽アプリに乗り換える」と選択し「続行」を押します。

すると「Google Play」の画面に飛ばされます。

ここに「YouTube Premium」が含まれてないことに不安を覚えますが、
「Google Play Music ファミリープラン」の「管理」をクリックして、

「定期購入を解約」をクリックすると、

最終確認っぽい画面が表示されるので「定期購入を解約」をクリックします。

完了メッセージが表示されました。

Google Play Musicが解約されるのが今月の終わりなので、
その後Google Play Musicの画面がどうなるのか確認できませんが、この手順で今のところは問題なさそうです。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.03.11~

もっと見る