アンジャッシュ渡部に苦言の“パパ活YouTuber”が反響。
ツイッタートレンド1位に

2020年6月14日、「森田由乃」(登録者1.2万人)がアベマ『ABEMA的ニュースショー』に出演。
複数の女性との不倫が明らかになったアンジャッシュ渡部に対し、苦言を呈しました。

過去に議員との愛人関係で炎上していた

森田由乃は“パパ活YouTuber”として活動する女性YouTuber。
上智大学卒業というインテリさと美貌を武器に、活動しています。

パパ活とは、女性が経済的に余裕のある男性と時間を過ごすかわりに、経済的な援助を受けるというもの。
表向きでは肉体的な関係には至らないということで売春行為には当たらないとしています。

森田由乃は以前、ファッション誌「CanCam」などで、“清楚系”モデルとして活動。2017年にはフジテレビ『さんまの東大方程式』に出演しました。

2019年12月、前農水副大臣の小里泰弘氏が「元上智大生」と愛人契約を結んでいることを週刊誌が報道しました。
2年ほど続いた関係だったそうですが、女性からこの関係の終わりを切り出したそう。その際に女性が多額の“手切れ金”を要求したとされました。
女性の名前は伏せられていたものの、ネット上ではその相手が森田由乃であると話題になり、彼女は“清楚系”がウリだったこともあって炎上しました。

以降森田は“清楚系”キャラを捨て、“パパ活YouTuber”として活動。
週刊誌でセクシーなグラビアを出すほどになりました。

「女性も女性」パパ活YouTuberならではの見解語る

『ABEMA的ニュースショー』に出演した森田は、

不倫っていう前提で会ってたのに、女性も女性だな

と苦言。
森田は実際は知人からなのに「自分からリークした」と書かれた体験をもとに、不倫相手の女性からこの件を喋っていたことには疑問が残るとしました。

また、既婚男性と肉体関係に及ぶことは「リスクでしかない」とし、

それを分かってて体の関係になるのは不幸でしかない

と話しました。

また、森田は渡部が女性と遊び慣れていることから

ご飯は行くし、飲みにも私は行きたいと思います

と、パパ活YouTuberらしい発言はしつつも、

それ以上の関係に及びたいとは思わないですね

と、あくまで一線を越える気はないとコメントしました。
(参考:AbemaTV『ABEMA的ニュースショー アンジャ渡部が不倫自粛 勝手に“金言”リレー』)

ツイッターでトレンド入り

6月15日、ツイッターでは「パパ活YouTuber」が日本のトレンドワード1位にランクイン。
森田本人もツイートしています。

「世も末すぎて」

ツイッターでは

パパ活youtuberって……パパ活ってつまりは売春の隠語な訳で、堂々と売春してますって宣言するのって僕からすると意味が解らないんだけど、いや、やるのは良いとしてそれを公言するのは生理的な嫌悪感を抱きますよ

パパ活YouTuberとか存在も扱う番組があること自体も世も末すぎて笑う

パパ活YouTuberとか世紀末だろ
子供も見てるツールで「売春してます」って全世界に発信してんだぞ

といったコメントが寄せられるなど、パパ活を世間から認められるものとする風潮に苦言を呈す視聴者もいるようです。