サンドウィッチマンがフリーBGMの著作権を登録。
人気YouTuberが動画を公開停止させられ激怒

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの動画がYouTube界で物議を醸しています。

フリー音源のはずが著作権侵害に

問題となっているのは「グレープカンパニー」(登録者数73万人)6月16日に公開された「味をしめたサンドウィッチマン伊達 今度は天丼を食べるwww」という動画です。

サンドウィッチマンの伊達みきおが天丼を食べるという、シンプルな内容の動画なのですが、問題となっているのは動画で使われているBGM。

このBGMは、誰もが自由に使える「著作権フリー」の音源ですが、サンドウィッチマンの動画が「コンテンツID」に登録されたため、このBGMを使用した多数の動画が著作権侵害となってしまったもようです。

Content IDとは

YouTubeには「Content ID」という仕組みがあり、著作権保有者は、YouTube上に自身の作品と一致する動画があった場合に、

・閲覧できないよう動画全体をブロックする
・動画に広告を掲載して動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配する
・その動画の再生に関する統計情報を追跡する
YouTubeヘルプ「Content IDの仕組み
などの

という措置を取ることができるようになっています。

グレープカンパニーは、動画の無断転載などを防ぐためにこの仕組みを用いたと思われますが、知ってか知らずか、フリーのはずのBGMの著作権者と登録される結果となったようです。

トミックが動画を非公開にされる

これにより、このBGMを使っている動画が表示されないなどの事態が多発しているらしく、料理系YouTuberの「トミック」(登録者数166万人)も動画が非公開になってしまい、「マジでブチ切れそう」とツイート。

えっちゃんねる」(登録者数74万人)や「さとちん」(同46万人)もこれに反応、さとちんは「フリーBGMもコンテンツIDに登録するとかヤバいね」と投稿しています。

他にもツイッターでは、このBGMを利用しているYouTuberからも不安の声が挙がっているほか、サンドウィッチマンに対する批判の声も散見されます。