エジプトの女性インフルエンサー、
「淫蕩と不道徳の扇動」で禁錮3年が言い渡される

エジプトの著名な女優でベリーダンサーのSama El-Masry(サマ・エルマスリー)がソーシャルメディア上で「淫蕩と不道徳を扇動した」罪で禁錮3年を言い渡されたと、エジプト紙アルアラムが報じました。

エルマスリーはインスタグラムでは300万人のフォロワー、YouTubeでは72万人の登録者を持つインフルエンサーでもあります。

この投稿をInstagramで見る

صباح الرياضه…..😘😘😘

سما المصري(@samaelmasrii)がシェアした投稿 –

エルマスリーは、インスタグラムやTikTok上の性的なコンテンツの取り締まりの一環で、4月に逮捕されていました。

カイロの軽犯罪裁判所は、彼女がソーシャルメディアを「不道徳」を犯すために使用し、エジプトにおける家族の原則や価値観に違反していると判断。
6月27日の判決では3年の禁固刑に加え、30万エジプトポンド(約200万円)の罰金が課せられました。

エルマスリーは容疑を否認、昨年盗まれた携帯電話から投稿されたものだと主張しており、上訴するもようです。

あるエジプトの国会議員は「自由と淫蕩には大きな違いある」とし、エルマスリーをはじめとする女性TikTokerへの法的措置を求めていたようです。

ここ数カ月、エジプトでは女性インフルエンサーが「淫蕩と不道徳」で逮捕されるケースが相次いでおり、5月には、レイプされたと告白する動画をTikTokに投稿した17歳の少女が、「淫蕩を助長した」として逮捕されたとも報じられています。

参考
・ahram online「Egyptian belly dancer Sama El-Masry sentenced to three years in prison for ‘inciting debauchery and immorality’
・REUTERS「Egypt court jails belly dancer for ‘debauchery’ in social media crackdown
・Egyptian Streets「Egyptian Authorities Investigate ‘Rape Allegations’ of Underage Female TikTok User