与沢翼、ひろゆきを訴訟か。
「ネットワークビジネスが終わった瞬間、お金なくなっちゃった」と揶揄され

与沢翼が反論

これを受け与沢翼は6月29日、「2chひろゆきさんのLIVE配信について「与沢の流儀:第57条」」を公開しました。

与沢は

私はですね、ネットワークビジネスでお金持ちになってないんですね

と反論します。

ネットワークビジネスを“マルチレベルマーケティング(MLM)”と解釈したうえで、それで得た収入は300万円程度に過ぎないと説明。
その後「ビジネスの考え方として採算が合わない」と判断し、ネットワークビジネスはやらなくなったと話します。

「実業をやってない」という指摘については、与沢翼は初めての起業が「洋服屋」だとして否定しました。

「誤った認識」の拡散を危惧

与沢翼は、ひろゆきが大きな影響力を持っていることについても問題視しました。
ひろゆきがテレビやYouTubeでした発言は、切り取られた上でYouTubeなどに転載されることがあり、与沢翼は匿名の人物によりひろゆきの発言が広がることで、自分に対する誤った認識が拡散することを危惧しました。

与沢翼は数えきれないほど多くの誹謗中傷を受けてきたそうですが、これまではすべて受け流してきたとのこと。しかし、

これ以上ね、いつまでも一生そういうふうにね、それが事実と異なっていたりとか中傷であったとしても、甘んじて全部受けなければいけないのかと。それはたぶんどっかでは違う

と考え直したそうです。

名誉棄損で訴える?

与沢翼は動画内で「99%私は無視されると思っています」としつつも、ひろゆきを名誉毀損で訴えるとしています。


(参考:弁護士ドットコム「2ch「ひろゆき」氏、30億円の賠償金を無視し続けたことを告白…そんなこと可能?」)

ひろゆき、ツイッターで「悪徳商法」と批判

(7月3日追記)
しばらく沈黙を保っていたひろゆきですが、7月3日にツイッターを更新。
「情報商材を売りつけたものの、結局、税金を滞納して差し押さえを食らう人が居たとしたら頭の悪い人」と表現を変えて投稿しました。

ちなみに与沢翼は2014年、Facebook上で資金が完全にショートしたと報告。
税金滞納額が1億円を超えていると明かしています。
(参考:livedoorニュース「与沢翼氏『もはやお金がない』、税金滞納で愛車売却や事業縮小など報告。」)

さらにひろゆきはツイッターを更新し、「『買うとお金が儲かる』と誤解させて商品を売る行為は、「悪徳商法」であると痛烈に批判しています。

1 2