大学生YouTuberパーカー、“唯一の親友”との同居をスタート

大学生YouTuber「パーカー」(登録者45万人)が友人と同居すると発表しました。

“ぼっち系”YouTuberの唯一の親友

パーカーはリアルな“ぼっち”生活を投稿する大学生YouTuber。
昨年夏の活動開始以降、大学生として1人で過ごす生活の様子を投稿しており、独特の世界観の虜になるファンが続出。
チャンネル登録者数は7月までに45万人を突破し、先月には自身初の著書を出版しました。

関連記事
いま最も勢いのあるYouTuber・パーカーにインタビュー。噂の“ぼっち系”はどんな人?
【インタビュー】大学生YouTuber・パーカーが初著書出版!

そんなパーカーには「レオ」という“唯一の親友”がいます。
レオはパーカーが高校2年生のときからの友人で、今でも連絡を取り続けているただ1人の存在なのだとか。
彼は地元の京都にある大学に進学しましたが、中退して東京の音楽系学校に進学。今年卒業したそうです。
パーカーは以前から東京のレオのもとに何度か遊びに行っていたとのこと。

5月投稿の「唯一のリアルな友達にテレビ電話してみた」で、テレビ電話というかたちでレオが顔出しで動画に登場。

なんかめちゃくちゃ兄弟に見えるwww

2人ともゴリゴリにビジュ良くて笑う

と、視聴者からは好評でした。

一緒に住むことを提案

6月27日、パーカーは「唯一の友達に『一緒に住まへん?』とお願いしてみた」を公開。

ここでパーカーはレオが東京を離れること、まだ今後の予定が決まってないことを聞き、

一緒に住むっていうのもありやけどな

と勇気を出してレオに提案。
レオは「まあ、考える(笑)」とワンクッション起き、ここでは結論を出しませんでした。

同居を決定

7月1日、パーカーは「【ご報告】相方と二人で住むことになりました」を公開。
パーカーは引っ越しの報告と共に、新居でレオと同居すると報告しました。

前回の提案のあと、もう一度2人で話し合い、同居が決まったとのこと。

この生活がね、うまくいくか、どうなるか分からないんですけど、これからも頑張りたいなと思っています。

と話し、固い握手を交わしました。

その後、新居初めての料理ということで2人は唐揚げを調理。
唐揚げを頬張りつつ、高校生時代の懐かしい思い出話に花を咲かせました。

称賛と不安のコメント入り混じる

コメント欄には

大学時代、講義を受けるにも、お昼ご飯を食べるにも、周りには常に友人がいました。でも、社会人になって数年が経ち、その頃の友人とは誰一人として連絡を取る事も無くなりました。上辺だけの付き合いでした。
パーカーくんの動画を見てると、何人もの上辺だけの友人よりも、たった一人の親友が欲しかったとつくづく思います。

これからも辞める時も、健やかなる時も、富める時も、貧しき時も、互いを慈しみ過ごしてください。

視聴者のことはいいから、 
2人が幸せに、1人の時間もとれて、今のまま楽に過ごせる関係でありますように〜〜
かわいい〜〜最高〜〜
とにかく、気にせず、自由にいきや〜〜〜〜

同居生活が上手くいくよう願うコメントのほか、

ルームシェアはお互い尊重しあわないと仲悪くなるから気を付けてね🙄俺は2回ルームシェアして全て仲悪くなって絶交したから……(*´Д`)

日常的に生活の少しでも気になることについてLINEか置き手紙で伝える習慣つけるといいですよ!!
2人とも大人しそうなので,言いたいこと言えずにストレスたまって爆発してしまわないか心配です

いくら仲がいいとはいえ、同居生活に不安を感じるコメントも。
2人は今後どんな動画を見せてくれるでしょうか。