スマホを触り続けたら2万5000ドル。
米YouTuberの企画した我慢大会が70時間に及ぶ

アメリカのYouTuber「MrBeast」(登録者3790万人)が「Finger on the App」の参加を呼びかけ、話題となりました。
(参考:Mashable「YouTuber MrBeast challenged people to keep their finger on an app. It went for 70 hours.」)

スマホに指を置き続ける我慢大会を企画

MrBeast(ミスター・ビースト)ことジミー・ドナルドソンは、22歳という若さながら登録者3790万人を誇る大物YouTuberで、動画の企画に掛ける予算も段違いです。

2020年6月30日、ドナルドソンは「Finger on the App」というスマートフォンのゲームアプリを使い、誰が一番長くスマートフォンに指を置き続けられるかを競わせるイベントを企画。
優勝者には最大で賞金2万5000ドル(約269万円)を支払うことを約束し、多くの視聴者が参加しました。

70時間にも及んだ企画

Mashableの記事によると、この我慢大会は70時間も続き、最終的に4人のプレイヤーが残ったそう。
ドナルドソン自身もここまで続くとは考えていなかったようで、ゲームを強制的に終了させることに。
「3日間はめちゃくちゃだ!」との言葉とともに、4人全員が勝者だとし、それぞれに2万ドル(約215万円)を支払うことを約束しました。


ドナルドソンは祝福の言葉と共に「GO TO SLEEP!(寝ろ!)」とメッセージを送っています。

※ツイート中の「$20,0000」は後で「$20,000」に訂正