2020年上半期 登録者数が減ったチャンネル10

2020年の上半期が終わったということで、先日登録者が増加したチャンネルのランキングを発表しました。
(関連記事「2020年上半期 チャンネル登録者増加ランキング トップ20を発表!」)
今回は、逆に登録者が減ったチャンネルのランキングを発表します。

2020年上半期 登録者数が減ったチャンネル10

昨年末と7月7日時点で、登録者数が減った人数の多いチャンネルをランキングにしています。
今上半期以前に活動を休止したチャンネルは除外しました。

10位 チョコレートスモーカーズ

チョコレートスモーカーズ
チャンネル開設:2016年7月13日
登録者数:44万5000人(-3万5000)
再生回数:2億947万回(+191万)

2018年に炎上して解散後、紆余曲折を経て現在は「ジョンレノ」と「わか」が運営しているもよう。
最近の動画の再生回数は1~2万回程度にとどまっています。
(関連記事「1000万の借金を抱えるジョンレノの「ラストチャンス」」)

9位 よきりょまチャンネル

よきりょまチャンネル
チャンネル開設:2016年12月31日
登録者数:119万人(-4万)
再生回数:3億3322万回(+1919万)

もともと美容系YouTuberの「よきき」のチャンネルで、5月末に発表したコンビYouTuberへの転身を受け「よきりょま」に変更されました。
それ以前から登録者数は減少傾向でしたが、転身後はさらに2万人減少しています。
(関連記事「よきき、ソロ活動をやめコンビYouTuberへ転身すると発表」)

8位 超めてお

超めてお
チャンネル開設:2013年7月5日
登録者数:13万5000人(-4万)
再生回数:307万回(+218万)

元MEGWIN TVのメテオのチャンネル。
2018年末にファルコンと共にメグウィンを糾弾し、メグウィンが大炎上する一方で、2人のチャンネルは一時30万人以上の登録者を集めました。
しかしすぐに登録者は減少に転じ、それから2年半以上にわたって減少が続いています。
(関連記事「ファルコンとメテオ、解散を発表」)

7位 アバンティーズ

アバンティーズ
チャンネル開設:2011年7月25日
登録者数:156万人(-4万)
再生回数:7億3919万回(+5617万)

1月上旬~2月末の163万人がピークで、以降は登録者が減少。ピーク時からは7万人もの減少です。
炎上など、はっきりとした減少の理由はないようです。
(関連記事「アバンティーズ『リクヲ』が4カ月ぶりに復帰。 そらちぃも『いい絵じゃないか』と感慨」

6位 MelTV

MelTV
チャンネル開設:2017年2月28日
登録者数:46万3000人(-4万7000)
再生回数:3億2213万回(+1290万)

YouTube事務所のVAZが2017年に開設した10代の女性向けの美容系チャンネル。
歩乃華」(登録者数57万人)、「ねお」(同91万人)、「楠ろあ」(同31万人)、「きぬ」(同60万人)、「ゆん」(同75万人)など、VAZの女性クリエイター9名が参加していましたが、昨夏の51万人をピークに登録者数は減少。
7月3日にチャンネルの終了が発表されました。

 

次ページ:5位~1位

1 2