元セクシー女優ら、トラブル相手の男優の土下座姿をYouTubeに投稿し書類送検

2020年7月8日、元セクシー女優と男優ら3人が名誉毀損で書類送検されたと報じられました。

元セクシー女優らが名誉毀損で書類送検

元セクシー女優の女性(48)と男優(53)ら3人は去年11月、知人の男性2人が土下座する様子を撮影して「YouTube」に投稿し、2人の名誉を毀損した疑いが持たれています。
テレ朝news

報道によると、土下座をした男性2人は、元セクシー女優ら3人の主催するキャンプに参加。
そこで別の「女性に乱暴な行為」をしたとしてトラブルになっていました。
その後、男性2人は強制性交の容疑で逮捕されましたが、不起訴処分になっているとのことです。

松本亜璃沙と元夫のピエール剣

報道では氏名が伏せられていますが、書類送検されたのは元セクシー女優の松本亜璃沙と、その元夫で男優のピエール剣のもよう。

一方、土下座をした男性2人は男優のトニー大木と横山一光。
問題の動画は「AV男優・トニー大木、AV男優・横山一光による強制性交等罪」というタイトルで公開されており(現在は削除)、ピエール剣らがトニー大木や横山一光と膝を突き合わせ、1時間にわたって詳細を問いただすという内容でした。

動画の概要欄には

動画撮影は11月20日(水)午前1時頃、ピエール剣宅にて主催
4名同席の元、撮影。

11月16日(土)〜17日(日)に山中湖にてキャンプを実施。17日(日)早朝において、ピエール剣の彼女と認識せずにキッチンで猥褻行為。
その後、浴室にてトニー大木の指示により手足の自由を奪い口を塞ぎ、2人で強制性交に及んだ。

と記載されていたほか、被害者の心境を綴る長文のメッセージも掲載されていました。

松本亜璃沙によると、当日の2人の態度に誠意が見られなかったため、動画の公開に踏み切っていたようです。