ジョーブログがシバターに物申す「自分やってること一緒やん」

2020年7月19日、「ジョーブログ」(登録者数132万人)が、「へずまりゅうの件でシバターに物申す!あんた人のこと言えるん?」を投稿し、「シバター」(登録者数109万人)に対して苦言を呈しました。

シバターがへずまりゅうの批判動画を投稿

シバターは7月18日、“迷惑系YouTuber”の「へずまりゅう」について言及。

へずまから“凸”を受け、妻子の姿を動画で晒されたり、女性との不倫関係をほのめかされるなどの被害を受けたシバターは、へずまを「YouTuberではない」「邪悪そのもの」と厳しく批判したほか、

彼がシャバに出てきたら、彼はキャラを変更すると思います
どうかその時に本当はいい人などと勘違いしないでください

と視聴者に呼びかけました。

関連記事
・「へずまりゅう、シバターに“凸”。シバターの妻と赤ちゃんを動画で晒す
・「2020年YouTube界の時の人となった“迷惑系YouTuber”へずまりゅう

「自分やってること一緒やん」

ジョーブログは、

初めて物申す動画っていうのをあげようと思ってて、今さっきシバターさんの動画見て、
それに対して腹が立ったから。

と、いつもとは打って変わった真剣な面持ちで語りました。

ジョーブログは、シバターが「被害者ぶって」評価欄を閉鎖したことを、

自分やってること一緒やん。
シバターさんずっとそっち系のYouTuberやん。

人の粗探しして、そのアラをピックアップして、しかもそれを大盛りにして、世間に知らしめて、のし上がってきたYouTuberがなにを言うてんねん。

と、矛盾を指摘しました。

シバターがへずまりゅうの善人へのキャラ変更を危惧したことも、

いやあなたもそうやん。
あなたも、コンプラに従ってどんどん路線変えてるやん。(中略)
そんな人間が自分が被害受けたら、「へずまりゅうが悪い」「信じんなあいつを」「自分が被害者」だの、善人ぶるなや。

と、理解に苦しんでいるようです。

シバターに裏切られた経験を語る

元々、シバターのオフ会にも参加するほどのファンだったと語るジョーブログ。
しかし自身もYouTuberとして有名になるにつれ、物申される標的になりました。

その頃、シバターからパチンコの仕事の誘いを受けたと明かします。
ジョーブログが疑心暗鬼となりメールを返さないでいると、シバターはすぐに「ジョーブログ君ってそういうとこあるよね」を投稿し、「ジョーブログは天狗になった」と批判しました。

ジョーブログは、

あなたがやってることってへずまりゅうと変わらんで。

と、苦言を呈しています。

「めちゃくちゃ共感できた」

コメント欄では、

これは正論。人の事を滅多にディスらないジョーの言葉は重い。

別にジョーブログそこまで好きじゃないけど、この件に関してはめちゃくちゃ共感できた。

自分の気持ちを代弁してくれたって気分だよ!全くその通りだと思う!
ジョーは時々核心をズバッと突いてくれるのが気持ちいい!

と、シバターに鋭い視点で物申すジョーブログに共感の声が集まっています。