ヒカル、レペゼン地球・DJ社長に
現金1億円をプレゼント

2020年7月20日、「ヒカル」(登録者数405万人)が「『これが報酬やから』借金まみれのレペゼン地球DJ社長に1億円ガチで先払いしてきた」を公開しました。

コロナ禍でアリーナツアーが中止に

4月、「レペゼン地球」(登録者数235万人)が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アリーナツアーの全公演の中止を発表。
多額の負債を抱えたDJ社長は「倒産する」と肩を落としました。

この事態に「ラファエル」(登録者数169万人)やヒカルが即座に支援を発表。
ラファエルの援助により、レペゼン地球は先月、無観客ライブの開催を実現しました。
単なる資金提供を嫌ったヒカルは、レペゼンとのコラボグッズの制作とそのすべての買取を約束していました。

関連記事
レペゼン地球、アリーナツアーの全公演中止を発表。「倒産する」と1億円分のグッズ購入呼びかけ
ヒカル、ツアー中止のレペゼン地球に「限度額なし・無期限無利子」の資金援助を提案
レペゼン地球が無観客ライブを開催。約20万人が同時視聴

現金1億円をレペゼン地球に前払い

レペゼン地球とのコラボグッズが完成したと説明するヒカルですが、

僕は正直、それがいくら売れるかわかんないんですよ。
それが売れたと思って、先払いで1億円ガチで現金で持ってきました。

と現金1億円が入ったバッグを見せます。

レペゼン地球と関わって1億円以上稼いだというヒカルは「何かしらやっぱりレペゼンに対して返したいな」といい、1億円以上売れなかったとしても先払いでいいかなと話します。

人が喜ぶ、形のあるプレゼントって1億しかないでしょ

と“ヒカル節”も炸裂します。

YouTube

ドッキリを疑うDJ社長

DJ社長を呼び出したヒカルは、「一旦渡したいものがあって」とおもむろに1億円を入れたバッグを渡します。

DJ社長はバッグの重さに驚きつつ、早速中身を確かめると「え!? え!?」と驚きを隠せません。

(DJ社長)渡すってこれ、え? 持って帰っていいんですか?
(ヒカル)もちろん
(DJ社長)え!? もちろん!? もちろん!?

DJ社長は

1億あるんすか? え、初めて見た! 本物やん・・・

と戸惑い、「ダメっすよ。そうやって弄ぶの」とドッキリを疑いますが、ヒカルは「ガチ」を強調。
これはコラボグッズの売上の先払いだと説明します。

YouTube

レペゼンメンバーカラーのシューズなど

そこへ「ロコンド」(登録者数8.1万人)の田中社長が完成したコラボ商品を持ち登場。

ヒカルは「ロコンドの社長をパシリに使いました」とうそぶきます。
ロコンドは、ヒカルとのコラボ商品で8億円の売上を上げているそうで、そのレベルになると社長をパシリにできるもよう。
田中社長は満面の笑みで商品を開封します。
(関連記事「ヒカルとのコラボシューズは1週間で6億円の売上。ロコンドが公式発表」)

レペゼン地球とのコラボ商品として制作されたのは、シューズと洋服。
シューズはシンプルなデザインで、レペゼンのメンバーのテーマカラーやヒカルの金黒など7色の展開となっています。

売れたらCM出演

前回のヒカルのコラボ商品開発では、ヒカルと「宮迫博之」(登録者数101万人)のCM出演を実現させた田中社長。

今回も、2人の求めに応じ「前回の半分程度売れたら」という条件でレペゼン地球とヒカルのCMの制作を約束しました。
しかもCMにはレペゼン地球の曲を使うことになるもよう。

DJ社長は、昨年の“パワハラ騒動”でのテレビ出演キャンセルを受けてか、「僕たちめっちゃ嫌われてるんすよ!」と不安をのぞかせますが、田中社長は「大丈夫大丈夫」と答えます。
(関連記事「レペゼン地球のDJ社長、7/22『しくじり先生』でテレビ初出演→差し替えに」)

実店舗も実現!?

さらに、前回と同程度売れれば写真集もしくは雑誌を制作することに。
2人はそれに飽き足らず、実店舗を出すことも提案します。

DJ社長は、レペゼン地球のゆかりの場所がファンの“聖地”となっていると説明。
実店舗を作り、ヒカルやロコンドの商品を置けば、“Win-Win”になれると言って、2人はノリノリに。
この提案も田中社長は快諾しました。

YouTube

コラボ商品は本日から発売。
前回はアクセスが殺到し、サーバがダウンしていますが今回は充分対策をしているとのこと。

果たしてCMは、実店舗は実現するでしょうか。

 
商品販売サイト LOCONDO ReZARD × Luxury Love
https://www.locondo.jp/shop/contents/special-ReZARD_200402