マックスむらいが活動休止を発表

2020年7月20日、「マックスむらい」(登録者数152万人)がチャンネルの休止を発表しました。

活動休止を発表

マックスむらいは

マックスむらいチャンネルですが、いったん休止期間に入りたいと考えています

と発表しました。

2013年からほぼ毎日チャンネルを動かしてきたマックスむらいは、今年1月にAppBankの社長に復帰するなど「環境の変化」があったといい、
(関連記事「マックスむらい、5年ぶりにAppBank社長に復帰。株価は23%上昇」)

自分自身には挑戦したいこととかね、いろんなことがある中でひと区切りをつけたい

と休止の理由を語りました。

休止前には全力の動画企画

休止前には「この7年間を何らかの形に残したい」と、最後にやりたい企画をピックアップ。
「AppBankの闇を暴く」や「ガイアックス上田社長に若かりし頃のむらいの酷さを語ってもらう」など12種類の企画を挙げています。

YouTube

これらの動画が全部公開された後、「マックスむらいチャンネルは休止になります」とのことです。
マックスむらいは

「マックスむらいチャンネル」が一旦休止というだけで、私自身が動画の世界から一切姿を消すというわけではない

とした上で、「ひと区切りつけたい」と改めて説明。
企画は1本1本を全力で作っていくので、「最後のまとめ」を「ぜひとも見てください」と呼びかけました。