ゆたぼん、誹謗中傷するアンチを訴えると宣言。
「へずまりゅうよりお前らのほうが終わってる!」

2020年7月22日、小学生YouTuber「ゆたぼん」(登録者数12万人)が「【速報】へずまりゅうより酷いアンチを訴えます!」を投稿しました。

 

誹謗中傷アンチを訴えたことを明かす

今年5月の木村花さんの死後、関心が高まっているネット上の誹謗中傷について物申すゆたぼん。
(関連記事「テラスハウス出演の木村花選手が死去」)

ゆたぼんは、先日逮捕された“迷惑系YouTuber”の「へずまりゅう」とは“友達”だと言い、へずまの犯行を「悪いことはしたらアカン!」と戒めつつ、エールを送る動画を投稿していました。
(関連記事「小学生YouTuberゆたぼん『友達のへずまりゅうが逮捕されました』」)

今回の動画では、匿名で誹謗中傷コメントを書き込んでいる視聴者に対して、

誹謗中傷するアンチはもう許さん!
へずまりゅうよりお前らのほうが終わってる!
誹謗中傷は弁護士にお願いして訴えることにした!

と、アンチを訴えると表明しました。

ゆたぼんは、非常にアンチが多いYouTuberであり、動画は5割以上の低評価率となることがほとんど。
昨年9月には、登録者解除まつりも呼びかけられています。
(関連記事「“解除祭り”呼びかけられたゆたぼん、登録者数非公開へ。一晩で1万5000人が登録解除か」)

「お前らのやってることの方が取り返しつかへんねんで!」

「人生はやり直しが効く」「死ぬこと以外かすり傷」と語るゆたぼん。
失敗してしまった有名人を匿名で誹謗中傷し、それが自殺につながることもあるとして相当怒っているようです。

失敗してもやり直せばいいだけやねんな。「死ぬこと以外かすり傷」やから!
それを認められへん奴らは、失敗することにビビってなんの挑戦もできひんだけやん!
それで匿名で誹謗中傷を書き込んだり、自殺してしまう人も出てきて、お前らのやってることの方が取り返しつかへんねんで!

誹謗中傷アンチしてるお前らのやってることって、やり直せへんことやって分からせるためにも、匿名やと思って書いてるけど、全部バレるんやぞ!っていうことを分からせるためにも、(中略)誹謗中傷アンチを訴えることにしました!

ゆたぼんは、既に弁護士に相談し、IPアドレスの開示請求や損害賠償請求も進めていると語り、

お前ら覚悟して待っとけよ!

と、強い口調で訴えました。

弁護士との対談も、後日公開されるとのことです。

YouTube

不登校YouTuberからの痛烈な正論

ゆたぼんは、誹謗中傷をするアンチに対して、

そんなことして、お前幸せなん?
そんなことして、お前らの親は喜ぶんか?
お前らが子供できたとき、それを胸張って言えるか?
お前らの尊敬する人たちは、匿名で誹謗中傷コメント書いたりしてるんか?

そんなことする暇があるんやったら、誰かのために必死になったり、自分の人生にもっと必死になったり、もっと良いことだってできると思わへんか?

と、小学生らしからぬ熱いメッセージで諭しました。

さらに、「不登校は不幸じゃない」というモットーで不登校を貫いているゆたぼんは

自分が嫌やって思うことは人にしたらアカンやろ?
そんなことも学校では教えてもらえへんのか?
お前ら学校で何を学んできたんや?

と、“不登校YouTuber”として痛烈に非難しました。

「怒涛の正論なんだよな」

コメント欄では、

ゆたぼん…めちゃくちゃかっこいいやん…
私よりは年下だけども普通に人生の先輩として見れるわ…

へずまのことでゆたぼんのことが好きになったわ、ブレないでおいてな!

怒涛の正論なんだよな。小学生にここまで言わせてアンチは惨めでないのか

と、小学生とは思えない意見に驚きと称賛の声が集まっています。