「逃げることって生きることだった」
えっちゃんえる/悦子、10年来の躁うつ病を告白

2020年7月26日、「えっちゃんえる/悦子」(登録者75万人)が「躁うつ病・自律神経失調症。10年経過の告白。」を公開しました。

えっちゃんねるとは

えっちゃんねるの「えっちゃん(悦子)」は、社員としてUUUMに入社し、「ボンボンTV」(登録者数209万人)のメンバーの1人として活動していた女性YouTuber。
2018年3月1日にソロチャンネル「えっちゃんねる/悦子」を開設し、かつてはUUUMに所属していました。

2019年3月に動画編集を担当する「O-LuHA(オルハ)」との交際を明かし、同年8月には結婚を発表しています。

また、「(マネジメント料である収益の)20%に見合うリターンが無い」として、6月にはUUUMからの退所を発表しています。

関連記事
えっちゃんねる/悦子、オルハとの交際を発表
えっちゃんねる/悦子とオルハが結婚!夫婦はえっちゃんのかかあ天下?
えっちゃんねるがUUUMからの退所を報告「20%に見合うリターンが無い」

躁うつ病に悩まされていたと明かす

えっちゃんは冒頭で

私はですね、「躁うつ病(双極性障害Ⅱ型)」という病気と、「自律神経失調症」という病気にかかっています。

と告白。

えっちゃんが躁うつ病になったのは10年前の15歳のころ、高校受験を控えた時期だったそう。
当時、えっちゃんは集団からのリンチやいじめに遭っており、そのことがきっかけとなったようです。

うつ病とはまた違くて、(中略)「躁」っていうテンションが高いとか明るい躁状態と、「うつ」状態が交互にやってくる病気になります

Ⅱ型っていうのが(中略)躁状態が通常よりちょっと高いくらいで、うつ状態はズーンと落ちていく、っていうものになるんです

えっちゃんは、

躁の状態のとき、私は何でもできる気がするんですよ。
新しいことにすごくチャレンジしたくなったりとか、すごく自信満々になったりアイディアがめちゃくちゃポンポン浮かぶ。

うつの状態のときは、動けなくなって(中略)天井を見つめることしか出来なくて。
朝起きてから天井を見つめて、常に何かこうネガティブ。「死にたいな」って本当に思う、死のうとしちゃうっていうことですね。

たまにすごい上がったと思ったら落ちて、みたいなのを繰り返してました

と、当時の症状を話しました。

YouTube

3つの理由

現在は完治はしていないものの「付き合っていけるようになった」と話すえっちゃん。
付き合っていけるようになった理由として

・親のサポート
・友達と彼氏ができたこと
・学校の先生

の3つを挙げました。

①親のサポート

えっちゃんの母は小学校の教員だったらしく、うつ状態で何もできないえっちゃんに無理に何かさせるようなことはしなかったそう。

私がこう寝て、天井しか見れなくて、食べれない動けないで情緒不安定だし薬飲んで泣くみたいになってるときは、「そんな無理しなくていいしできないならやらなくていい。やりたいことがもし何でもいいから、できたらそれから始めなさい」って言ってくれて。

えっちゃん自身から「学校や病院に行きたい」と口にした際には、母はそこまで連れて行くなど献身的なサポートをしてくれたそうです。

②友達と彼氏ができたこと

あまり家から出たがらない状態が続いたえっちゃんですが、当時仲のよかった男友達が頻繁に遊びに誘ってくれたそう。
その男の子のおかげで、学校とは別のコミュニティに入ることができたそうで、ほどよい距離感で遊ぶことができたそう。

③学校の先生

受験勉強ができなかったえっちゃんに、母は2つの美術系の高校を紹介したそう。
えっちゃんはもともと絵を書くことが好きで、一般受験は無理でも少し自信のある絵なら、とその受験を受けると決めます。
そんなえっちゃんを支えたのが中学校の美術の先生。
放課後、美術部の生徒が帰ったあとも、先生は個別でえっちゃんの絵の勉強に付き合ったそうです。

放課後ね、残業代なんか出ないんですよ、学校の先生って。なのに教えてくれて。

努力や周囲の支えもあって、えっちゃんは志望校に合格。
そこには知り合いがひとりもおらず、まっさらの状態から人間関係を作ることができたそうです。

3つの理由

一時は自殺も図ったというえっちゃんですが、「今思えばそこで死ななくてよかった」と話します。

えっちゃんが生き続けられたのは、周りが「逃げることをダメ」とせず、

逃げることって生きることだったんだな

と思えたからだと説明。
同じ病気で苦しんでいる視聴者には「無理しないっていうのが大事」だと訴えています。

現在もたまに症状が出るそうですが、夫のオルハがそのたびに支えてくれるそう。えっちゃんは改めて感謝の言葉を述べています。

えっちゃんは自分に限らず周りにこの病気で苦しんでいる人がいれば、配慮してあげてほしいと呼びかけ、動画を終えました。

YouTuberの中でも、「へきトラハウス」(登録者132万人)へきほーや「立花孝志」(登録者46万人)が、自身の躁うつ病を告白しています。
(関連記事「へきとら・へきほーが躁うつ病を告白」

「辛いはずなのに、悩んでる人のために話してくれてありがとう」

コメント欄には、

えっちゃんそんな過去があったんだね。
それを乗り越えたえっちゃんほんとすごい!
辛いはずなのに、悩んでる人のために話してくれてありがとう🥺
えっちゃんはもう十分頑張ってるから、休んでもいいんだよ。

えっちゃんそんな病気でも、YouTuberとして頑張れるの本当にすごいと思うよ。えっちゃんは、かわいいし、みんなを元気にできる明るい人だよね。これからもえっちゃんはいろいろ頑張ることが、あると思うけど、少しずつ無理しない程度で頑張ってね!

辛い過去を明かしたえっちゃんを労うコメントが多く寄せられています。