ゆゆうた、陰部を晒してしまう。
木下ゆうから女性YouTuberも反応

2020年7月27日、「ゆゆうた」(登録者138万人)が動画に陰部が写り込んでしまったとして、急遽非公開にしたと発表しました。

モザイク加工甘く

動画で「夜に駆ける」「お願いマッスル」など人気の曲を演奏するゆゆうた。
画面は2分割されており、片方は下半身がヌードの状態とのこと。

YouTube

3曲目の「棺桶ダンス」では、シャツとジャケットを羽織っているものの、両画面とも下半身ヌードの状態で演奏。
演奏後、椅子上に立って自身の陰部をカメラに見せつけるゆゆうた。もちろんモザイク加工がなされていますが、右側の映像の加工が甘く、陰部の先端が写り込んだまま投稿されてしまいました。

女性YouTuberからコメントも

ツイッターでは

全体像が見えてないからセーフ

すいませんこれは竿ですか?玉ですか?

ありがとうございます
大切に使わせて頂きます

と、事件を面白がる声が上がっています。
また、「木下ゆうか」(登録者547万人)や「あやなん」(登録者233万人)など大物女性YouTuberからもコメントが寄せられていました。

謝罪動画を投稿

27日17時50分ごろ、ゆゆうたは「ち〇こ出してしまって申し訳ありませんでした」を公開。

ゆゆうたは

皆さんにはですね、大変不快なものをお見せしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

と謝罪するとともに、非公開にした動画について

僕の方で入念に入念に、もうちん○んはみ出してないかっていうチェックをもう一回、入念に入念に行って、もう1回再投稿させていただきます

と話しています。